2012.10.19 栗拾い
先週土曜日、林縁の田んぼの畦で昆虫を撮影するうち、足もとの栗のイガに気付いた。こういう場合、大概中身は早朝散歩の方や農家の人が回収済みなので大して期待はせずによく見てみると、なんと中身入り!さらに周囲を見渡すと他にもイガやそこからこぼれた栗の実が用水路への斜面にたくさん落ちている光景が目に飛び込んできた。狩猟採集民族の血が騒ぎ、急遽栗拾いを開始。15分ほどでかなりの量が集まった。

▼栗拾い/2012-10-13 OLYMPUS E-620 + ED 50mm f2.0 Macro
栗拾い
足もとに栗の実を発見。

栗拾い
15分ほどでこの量!

栗拾い
頭上の枝にはまだまだイガがついていた。

持って帰り、炒ったものを食す。甘くはなかったが、たまにほんのりと甘いのも。実によって甘さに個性があるのが面白い。おおむね美味しいといえるものではなかったが、秋の山の恵みだ。

▼山の恵みを食す/2012-10-13 NIKON COOLPIX S4
栗拾い

栗拾い
鍋の中でパンパン弾け飛び、母が悲鳴をあげていた(笑)。

栗拾い

縄文人の気分を味わった1日だった(笑)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1247-807f101b