今月17~19日、福島県へアマゴイルリトンボの撮影を目的に遠征してきた。初日は実質移動日。2日目午前中に探索した1か所目は姿を見ることは叶わず、2日目午後の2か所目に賭けたが、これまた姿を見られず。もう時期が遅いのか、ここまで来て空振り三振かと諦めムード。しかし、夕日が照らす湿原に唐突にそれは出現。瑠璃色のオスが2頭。憧れのトンボとの遭遇。あまりの衝撃に見つけた瞬間の記憶が半ば飛んでしまっているが(笑)、「お、なんかイトトンボが・・・ん?あれ、眼が青い?あれ、え、これもしかして、うわああああぁぁぁぁ」という感じだったと思う。

▼アマゴイルリトンボ/2019-8-18/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
アマゴイルリトンボ

新潟、長野、福島、山形、青森県の限られた池沼や湿原に分布する、モノサシトンボ科グンバイトンボ属のトンボ(それにしては小型で、パッと見はその辺にいるイトトンボのように見える)。アマゴイの名は最初の発見地である池の名にちなむが、なんとも美しい和名、そしてそれに負けない瑠璃色の美しい姿。直前まで遥々来たことを後悔していたが、一気に逆転、来て良かったと心底思った(笑)。

この時は陽が落ちて行くまでの30分ほどしか撮影できなかったので、翌朝再挑戦。今度は9時半ごろから11時ごろに陽が高くなって活動が鈍るまで撮影できた。

▼アマゴイルリトンボ/2019-8-19/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ

▼アマゴイルリトンボ/2019-8-19/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro
アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ

▼アマゴイルリトンボ/2019-8-19/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ

今回の遠征で見られたのはオスばかりで残念ながらメスは見ることはできず、次回への課題となったが、なにはともあれ憧れのトンボを撮影することができて感無量だ。

関連記事
スポンサーサイト