前回はこちら。

3か月ぶりになってしまったが(汗)、3月に入手した朗読カセット『宮沢賢治童話集』について。今回はその内「ポラーノの広場」と「風の又三郎」の朗読と姫神による音楽について。

「ポラーノの広場」(5巻A面29:19、B面21:47、6巻A面36:13、B面22:24、7巻A面36:10、B面29:20)
ポラーノの広場~宮沢賢治童話集

5巻A面~7巻B面に収録。朗読は「セロ弾きのゴーシュ」に続き森本レオさん。原作は未読だったが、思いのほか本格的な小説という趣で、物語としてはこの朗読集で一番面白かったように思う。宮沢賢治特有の比喩表現も美しい。主人公自身が出来事を書き記したという体で、地の文もモノローグみたいなものだが、森本レオさんのキャラが主人公によく合っており、約3時間に及ぶ長編も途中で退屈になることなくとても楽しめた。余談ながら主人公の職業が羨ましい(笑)。

音楽はアルバム『イーハトーヴォ日高見』収録「つめ草の明かり」「あのイーハトーヴォのすきとほった風」(ひと続きの2部構成の1曲として収録)。アルバムとほぼ同じアレンジと、前者は木琴系の音色がバックで流れる別アレンジ、後者はパンフルート系の音色で奏でられる別アレンジや、未収録のメロディーが含まれる口笛調の音色が用いられた変奏曲も。他にアルバム『姫神風土記』の「空と雲と友と」をシンフォニックにしたような穏やかな雰囲気の未収録曲が用いられており、この曲は短調の変奏曲も警察署での聴取の場面で流れる。さらに、チェロのような音色でアンビエント調の不穏な雰囲気の未収録曲が、毒蛾の舞う夜の町の場面で流れる。

「風の又三郎」(8巻A面44:38、B面37:06、9巻A面33:58、B面26:49)
風の又三郎~宮沢賢治童話集

8巻A面~9巻B面に収録。朗読は歌舞伎役者の五代目・坂東八十助(十代目・坂東三津五郎)さん。歌舞伎役者さんの朗読とは面白い趣向だ。地の文はハキハキとして聞き取りやすく、なまりの強いセリフも感情がこもってとても巧み。また標準語を話す学校の先生のキャラに特によく合った声音だ。かつて原作を読んだ時には退屈なストーリーだと思ったものだが、特にこの記事を書くにあたって聴き直した時なかなかに面白く感じて、あれっとなった。とても楽しめる朗読。

音楽はアルバム『イーハトーヴォ日高見』収録「風のマント」「青いくるみ」。前者は少しキーが高いものやテンポが速いもの、またバックトラックが無いゆったりしたバージョンや、金属的な響きの音色に風のSEが入っている幻想的なアレンジも用いられ、アルバムにはない明るいメロディーに繋がるものもあってバリエーションが豊富。後者はアルバム同様のアレンジのほか、シンフォニックで柔らかな雰囲気のアレンジを聴くことができる。他に未収録曲が4曲。1つ目はパンフルート系の音色のハモりやシンフォニックな音色で奏でられる未収録曲があって、雰囲気はアルバム『姫神風土記』の「空と雲と友と」に通じるノスタルジックな感じ。2つ目は単調なシークエンスのバックトラックに白玉系の雄大なメロディーがのって、広々とした空を感じるような曲。3つ目はアンビエント調のゆったりした曲で、バックトラックに時々入る弦をはじくような音が印象的。4つ目もアンビエント調で雷雨(今でいうゲリラ豪雨)の場面で流れる、金属的な音色の不穏な雰囲気の曲。

「グスコーブドリの伝記」へ続く。

関連記事
ツイッターには掲載しているもののこちらには載せていない昆虫写真をいくつか抜粋して紹介。今回は6月編。

▼ヤブキリの幼虫/2018-6-3/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
ヤブキリ
朝露に濡れた草むらの中に。

▼ナミテントウ/2018-6-3/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ナミテントウ
ヒメジョオンにこれまで見たナミテントウの中で一番綺麗と言って良いピカピカの紅型がいた。

▼ヒメアトスカシバ/2018-6-9/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ヒメアトスカシバ
あまり撮らない日の丸構図で。蜂(ドロバチ類)にそっくりな蛾の仲間。見事な擬態。幼虫はヘクソカズラの茎の中で育ち、虫こぶを形成するという。そういえばそれらしき虫こぶを見たことがあるような。

▼チョウトンボ/2018-6-24/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
チョウトンボ
久々に地元の森林公園へ。この姿を見ると夏の訪れを実感。

▼アシグロツユムシの幼虫/2018-6-27/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
アシグロツユムシの幼虫
間近で見るとけっこう派手。ラメっぽい明るい緑の模様も。

関連記事
ツイッターには掲載しているもののこちらには載せていない昆虫写真をいくつか抜粋して紹介。今回は4・5月編。

▼クマバチ/2018-4-27/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
クマバチ
伐採木に作られた巣穴から顔を覗かせた。この伐採木には複数の巣穴があって、クマバチに人気の物件らしい。時々まちがって他の個体の巣穴に入ろうとして中の住民に怒られる姿も。

▼サトキマダラヒカゲ/2018-4-28/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
サトキマダラヒカゲ
ギンイチモンジセセリの撮影の合間、シルエット風味に撮ってみた。

▼キンボシハネカクシ/2018-5-16/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
キンボシハネカクシ
薄暗い鎮守の森の地面をシャカシャカ歩いていた大型のハネカクシ。ときおり立ち止まるので、その隙にパシャリ。金色の斑紋が美しい。最後は「ハネカクシ」の名の通り巧みに折りたたみ隠されていた翅を広げ、飛び去って行った。

▼キンイロネクイハムシ/2018-5-27/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
キンイロネクイハムシ
トノサマガエルの視線の先に(獲物にはならなかった)。

▼ベニボタル/2018-5-29/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ベニボタル
翅を開いていざ離陸!と思いきや、飛び立たずに翅を閉じることも多く、どうも風の向きや強さを見計らっている様子だった。

関連記事
今月16日、ハッチョウトンボの撮影に加西市の網引湿原へ。ここ数年通っている湿原であり、観光地としてもPRされてきており、今回、湿原への道の入り口にトイレができていて驚いた。湿原には高齢者の団体が入れ代わり立ち代わり訪れては去っていくが、例年に比べ多いような。湿原の生態系に関心を持つ方が増えているのなら喜ばしい。ハッチョウトンボを見つけられない人に「そこにいますよ」と教えてあげたりして昆虫の布教活動を少々。ただハッチョウトンボの数の方は例年より少ない気がした。まだ発生し始めたばかりなのか、今年の気候のせいなのか。

さて撮影中、日本語ペラペラのヨーロッパ系の女性に話しかけられ、その方がヒメヒカゲを見に来たとおっしゃるのでビックリ。ちょうど発生期のはずだが見られず、昨年も一昨年も駄目で、おそらく当地では見られなくなったと思われる旨を答えると「ここって有名な場所ですよね?!」と驚きつつとても残念そうだった。蝶が好きとのことで、あちこち出かけているらしい。ヒメヒカゲについては加古川や高ボッチ高原にも行ったとか。ハッチョウトンボも久々だから見て行くと。自分よりはるかに行動力がある感じでとても刺激を受けた。SNSをしているのかとか訊けばよかったが、またどこかで会えたらうれしい。

▼ハッチョウトンボ/2018-6-16/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ

関連記事
先月27日、地元の某小さな池へ。ここはモノサシトンボと、本来は流水系に生息するグンバイトンボが混生する珍しい場所。狙い通り両者を撮影できた。グンバイトンボの方は例年胸部にミズダニがびっしりついているが、今回は下部にわずかに見られる程度。

▼グンバイトンボ/2018-5-27/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
グンバイトンボ

グンバイトンボ

▼モノサシトンボ/2018-5-27/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
モノサシトンボ

そして今月に入ってモノサシトンボの新たな生息地を見つけた。まさかここにというような場所。先述の池より手軽に行けるので、モノサシトンボ狙いならここの方が良さそう。コウホネも生えており、花茎に連結産卵する姿も見られたが、この時はコンデジしか持っておらず、記録写真しか残せなかったのが無念。

▼モノサシトンボ/2018-6-5/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
モノサシトンボ

▼モノサシトンボ/2018-6-9/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6
モノサシトンボ

関連記事