今月に入ってキボシカミキリの姿を目にするようになった。道端の畑脇の小さなイチジクの樹が発生源になっていて、定番の撮影場所にしている。

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

キボシカミキリ

※2017年6月(1枚目は2日、2~4枚目は12日、5枚目は16日、6~9枚目は22日、10枚目は23日)、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough(6枚目は超解像ズーム使用)。

関連記事
昨日、かねてから目を付けていた地元のハンノキの群落へ。狙いはミドリシジミ。ただ傍にそこそこ通行量のある道路があり、どうかなとは思っていた。到着後しばらく捜索するも現れず、ためだったかと諦めかけたその時、ハンノキから少し離れた場所の下草の葉に1頭とまっているのを発見。

ミドリシジミ

ミドリシジミ

さらにしばらくたった時、ふっとその翅を開いた。そこには美しく輝く緑色。「まじで?!」と思わず声が漏れた。一生忘れない瞬間だろう。憧れのオスの開翅。ついにこの目で見て撮影することができた。

ミドリシジミ

ミドリシジミ

ミドリシジミ

※2017年6月24日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6(1枚目はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough)。

関連記事
今月3日撮影のグンバイトンボ。近くまで飛んできてハートマークを形作ったカップルがいたおかげもあり、今回初めてと言って良いくらいじっくりと撮影できた。いつも気になる胸部側面下部のミズダニの寄生も、数が少ないようであまり目立たない。

グンバイトンボ

グンバイトンボ

グンバイトンボ

グンバイトンボ

グンバイトンボ

グンバイトンボ

グンバイトンボ

※2017年6月3日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6。

関連記事
一昨日リリースされた歌手AIのアルバム『和と洋』に、姫神がコラボ曲「Wonderful World feat. 姫神」で参加している。

和と洋

公式サイト等で試聴可能。

R&Bと姫神の曲調がマッチするものなのか、聴く前は少し懐疑的だった。しかし、AIさんの力強い歌声の背景に流れる、キーの高い「神々の詩」。これが思いのほかマッチしている。中間部分の歌と笛っぽい音の短いフレーズの掛け合いのような箇所も楽しい。姫神の星さんが最初「同じ和でも違うもの」と言ったらしい「よおーっ」という歌舞伎の掛け声もあまり違和感のない使われ方をしている。双方の音楽性が壊れたり、どちらかに変に偏ることもなく、(少なくとも姫神ファンの私としては)良いコラボレーションだと感じた。そして、曲調は違うが、元ちとせさんが歌う奄美島唄「糸繰節」が織り込まれたDEEP FORESTの「Will You Be Ready (feat. Angela McCluskey & Chitose Hajime)」が思い起こされた。どちらも“和と洋”のクロスカルチャーな名曲だ。

     

関連記事