上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都府城陽市のプラネタリウムへ先月行った際、番組間の待ち時間が結構あることが分かっていたので、時間つぶしに良い場所は無いかと事前に調べる中で見つけたのが「夜叉婆さん伝説」。京都新聞のサイトで知ったが、引用すると概略は以下のようなものだ。

「花嫁行列だけは決して通ってはならぬ」と周辺の旧家が言い伝えてきた辻が、城陽市寺田の旧大和街道にある。

昔、寺田村の庄屋に娘がいた。たびたび嫁いだが不縁になり、実家に戻ってきた。人々はやがて娘を「夜叉」と呼んだ。のちに、娘は観音堂の堂守となり、ついにそこで亡くなった。娘の塚の前を嫁入り行列が通ると夜叉が不縁にするといい、以後、一度も行列が通ることはなかった。


これだけだと単に男運が無かった女性の悲話とも思えてしまうが、一説には13回も嫁いでは離縁されたというのだから尋常ではない。辻の傍には玉池という池があり、娘は水面に映る夜叉の姿の自分を見て身を投げて死んだという異説もある。なお、離縁の理由は「歩いていて夫を追い抜いた」など当時の女性としては非常識な振舞いをしたからともいい、男運が無いというより、時代に合わなかった女性の悲劇という側面が強いらしい。

そんな伝説ゆかりの地がいくつかあって、民話や伝説が好きな私としてはそれらを巡るのが良い時間調整になりそうだった。

まずは玉池と嫁入り行列が避けるという辻へ。玉池は辻の南東角にあり、四角くコンクリート護岸され噴水まであって、全く伝説ゆかりの地らしい趣きは感じられない。もっとも観音堂の堂守として一生を終えたのなら、もともと伝説に関係は無いのだが。

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲玉池/向こう岸が水度神社参道で右側が神社方向、左奥が嫁入り行列が避ける四つ辻

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲玉池/辻から撮影

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲玉池/なんとかそれらしい雰囲気を醸せないかと試行錯誤

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲辻から水度神社参道が始まる

次に「夜叉ばあさんのムクノキ」。辻から数十メートルほど参道を神社へ進むと左手にある。伝説の中に登場するわけではないが、幹のコブが老婆の顔に見えるというので、平成の初め頃に名付けられたらしい。老婆というからには観音堂の堂守として一生を終えた説を踏まえたものだろう。たしかに車道側から見ると老婆の横顔に見えなくもない。

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲夜叉ばあさんのムクノキ/老婆の横顔に見えるコブ

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲夜叉ばあさんのムクノキ/コブを正面から見ると全く顔に見えない

最後に娘の墓だという夜叉塚。かつては辻の傍にあったのが、今は辻から南東へ200メートルほどの寺田墓地内休憩所傍に移されているという。行ってみるとそれらしき石塔が。ただ解説板等は無く、確証が持てない。

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲寺田墓地入り口

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲墓地の休憩所。左奥に石塔が見える

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲夜叉塚と思しき石塔

お墓参りにやって来た地元の方に尋ねてみたが、最初の1人は夜叉塚など知らないと言い、2人目も知らず、しかもこの石塔は元々ここにあった灯籠が倒壊したものだと仰る。なんてことだ。これは夜叉塚ではないのだろうか。しかし墓地内には他に塚らしいものは無く、ネット上にはこの石塔を夜叉塚として載せているページもありで、釈然としないまま墓地を後にした。

プラネタリウムのある文化パルク城陽へ戻ってきたが、まだ少し時間がある。建物内のプラネタリウムの向かいには図書館と郷土資料館を兼ねたような施設があり、試しにカウンターで「夜叉婆さん伝説の資料はありますか?」と尋ねてみた。気軽に訊いたのだが、大変恐縮なことに職員の方が次から次へと手に資料を持って出てきてくださった(汗)。夜叉塚をご存知な方はいらっしゃらなかったが、その資料の中には観音堂にあった石塔を墓地へ移したという記述もあって、あの石塔が夜叉塚だとみて良さそうではある(書名は確認しなかったが、こちらのページと同様だったので「城陽町史」だったかもしれない)。それを示す文献があると分かっただけでも十分だ。どうもありがとうございました。

ただ、一方で「夜叉塚は玉池の中に移された」という話もあって、実際、京都新聞のサイトやこちらのページの玉池の写真には、今の池には無い小さな祠らしきものが写っている(水鳥用の東屋かもしれないが)。観音堂の夜叉塚に建っていた石塔は墓地へ移され、祀られていたものというか夜叉婆さんを弔う意味で玉池の中に祠が作られたということか。だからどちらも夜叉塚ではあるのだろう。ただし、先述のように今の玉池には祠は無く、それがどうなったかは謎だ。辻にある小さな祠がそれという可能性もなくはないが。

夜叉婆さん伝説@京都府城陽市寺田
▲辻にある小さな祠。伝説との関連は不明だが、単なる交通安全のお地蔵さんかもしれない

ちなみに観音堂についてはこちらのページの内容が興味深い。精神科医の方が講演用に準備した資料らしいが、出典は不明。

※写真は2015年12月5日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
スポンサーサイト
先月、プラネタリウム鑑賞のため訪れた京都府城陽市。番組間の空き時間に街を歩いて風景を切り取った。遅ればせながら紹介。

細い道に足を踏み入れると蔵が立ち並び歴史を感じる佇まいが続く。立派な和風建築の内科・小児科医院まであったのは驚いたが(4枚目の写真)、今調べたところ国の登録有形文化財の「堀家住宅」だったらしい。てくてく歩いて水度神社へ。「風土記」にも登場する由緒ある神社であり、参道も長く中々に立派だ。本殿は国の登録有形文化財。12月にもかかわらず境内のモミジが真っ赤に色づいていた。

町歩き@京都府城陽市

町歩き@京都府城陽市

町歩き@京都府城陽市

町歩き@京都府城陽市

町歩き@京都府城陽市

町歩き@京都府城陽市

町歩き@京都府城陽市(水度神社)

町歩き@京都府城陽市(水度神社)

町歩き@京都府城陽市(水度神社)

町歩き@京都府城陽市(水度神社)

この散策の中で、城陽市に伝わる「夜叉婆さん伝説」縁の地も巡った。それについては次の記事で。

※2015年12月5日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
以前書いたように、この冬、ヤツデの葉をめくって越冬している昆虫を撮影するのにハマっている。中でもよく目にするのが大きさ1~数ミリの小さな小さな蜂たちだ。肉眼だとよく分らないが、TG-4で大きく写してみると姿形が面白いものが多い。これまで全く知らなかった世界が広がっていてワクワクする。ただ哀しいかな、これらの分類群に関しての知識があまり無くて同定がサッパリではあるが。まあ、これから知識を蓄えていこう。それもまた楽しい。

最近撮影した蜂をいくつか紹介。ツイッターで情報を下さった方々には大感謝!

※写真は全て2016年1月、OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughで撮影。

▼ニッポンオナガコバチ/体長4ミリほど。赤い複眼が目立つ。28日撮影。
ニッポンオナガコバチ

ニッポンオナガコバチ

▼ツヤコマユバチ亜科の一種/体長3mmほど。1枚目は19日、2枚目は26日撮影。
ツヤコマユバチ亜科

ツヤコマユバチ亜科

▼オナガコマユバチ亜科Spathius属の一種/体長5ミリほど。当初スマトラカモドキバチと誤同定。21日撮影。
オナガコマユバチ亜科Spathius属

▼ヒメコバチ科のPediobius atamiensis?/体長1.5ミリほど。緑の金属光沢が美しい。17日撮影。
ヤツデの葉裏の小さな蜂

▼タマゴクロバチ亜科の一種?/体長1.5ミリほど。20日撮影。
ヤツデの葉裏の小さな蜂

▼ヒメコバチ科Deutereulophus属の一種/コガネコバチ科ではありませんでした。コメントありがとうございます。
ヤツデの葉裏の小さな蜂

体長2.5ミリほど。1枚目は17日、2枚目は18日撮影。

ヤツデの葉裏の小さな蜂

▼フタオヒメバチ亜科Mesochorus属の一種/コメントで情報を頂きました。ありがとうございます。
ヤツデの葉裏の小さな蜂

体長7ミリほど。腹部が一部透明。冬のヤツデの葉裏の蜂ではかなり大型。19日撮影。

ヤツデの葉裏の小さな蜂

▼体長4ミリほど。27日撮影。
ヤツデの葉裏の小さな蜂

▼体長3ミリほど。28日撮影。
ヤツデの葉裏の小さな蜂

同定等でお気付きの点があれば、コメントやツイッターで教えて頂けると大変ありがたいです。

関連記事
ヤツデの葉をめくったところ、1.5センチほどの小さな枝の切れっぱしが付いていた。

マネキグモ

もっともすぐに違和感を感じて小枝じゃないというのはわかった。たぶん、擬態した蛾かカメムシの仲間だろう。

マネキグモ

そう思いつつ撮影する内に動き出し正体を現したのを見れば、おや、昆虫じゃない。これはクモだ。

マネキグモ

マネキグモ

なんだかテナガエビを思わせる独特な姿をしている。マネキグモというらしい。ときおり前脚を高く掲げて振り動かしていたが、これが「マネキ」の名の由来。形態も行動も面白い。

<おまけ>
深度合成撮影中に動き出し、ホラーな生物が爆誕(笑)。

マネキグモ

※2016年1月22日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
今朝は寒かった。

三木市では1月の観測史上最低となるマイナス6.2度を記録。北海道の方には笑われるかもしれないが、ここは北海道かというような寒さだった。せっかくだしこの寒さを表現すべくため池に張った氷を撮影。

ため池に張った氷

ため池に張った氷

ため池に張った氷

ため池に張った氷

ため池に張った氷

※2016年1月25日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
ツイッターや他の方のブログで写真を見て、この冬ぜひ撮りたいと思っていたヒゲナガサシガメの幼虫。先日の鬼追いの後、ふと境内のヤツデの葉をめくったらそこにいた。ナナフシを思わせる体型と鮮やかな赤い模様。カメムシ離れした姿だ。

ヒゲナガサシガメの幼虫

ヒゲナガサシガメの幼虫

ヒゲナガサシガメの幼虫

ヒゲナガサシガメの幼虫

ヒゲナガサシガメの幼虫

※2016年1月17日(3・4枚目は18日)、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
一昨日、アラカシの葉裏に小さな金色の卵塊を見つけた。卵塊の直径は4ミリほど。卵1つの長さは0.5ミリほど。表面が糸に覆われている。

チャタテムシの卵塊

チャタテムシの卵塊

チャタテムシの卵塊

3枚目は私の親指の爪との大きさ比較。何の卵だかサッパリわからないが、実に美しい。せっかくなのでツイッター上に写真をアップして「産んだのは誰?」とツイートしたところ、「チャタテムシでは?」という情報を複数頂いた。誠にありがとうございます。簡単ではあるが「チャタテムシ 卵」で検索するとよく似た卵塊がいくつもヒットするし、チャタテムシ(ケチャタテ科?)の一種の卵塊と見てよさそうだ。それにしても親の姿からは想像もつかない卵に驚くほかは無い。

▼ヤツデの葉裏にいたチャタテムシ(ケチャタテ科)の一種
チャタテムシ(ケチャタテ科)の一種

この冬、ヤツデやアラカシなど常緑樹の葉裏を見るのにハマっているが、楽しみが1つ増えた。

※2016年1月21日(4枚目は22日)、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
一昨日、三木市の伝統行事「鬼追い」を撮影してきた。毎年恒例だが、今回は例年午後行くところを午前中に出陣。10時半開始という情報を得ていたので9時45分ごろ会場である大宮八幡宮に着いたが、鬼たちはすでに月輪寺からの坂を上って境内に入ってきていた。舞台上で舞うのが10時半からということだったらしい。とりあえず鬼の後に続いて拝殿に参拝し、縁起物の松明を買って撮影開始。ここ最近TG-4にハマっていたこともあって約2か月ぶりの一眼レフ。

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

鬼追い2016

望遠レンズの扱いに慣れたからか、昨年よりも見れる写真が撮れたような気がする。

撮影後、午前中だから餅まきは無いかと思いきやあった。今年拾えたのは1個だけ。位置取りに失敗してほとんど餅が飛んでこなかった。

※2016年1月17日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6。

関連記事
冬のナミテントウといえば物陰で集団越冬しているものと相場は決まっている。しかしあろうことか今月8日、アラカシの枝先にいるのを見つけた。いくら暖冬とはいえ君、まだ冬眠しなくていいのか?

▼ナミテントウ/2016年1月8日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ナミテントウ

ナミテントウ

一方、ナナホシテントウ。こちらは元々完全な冬眠はせず、真冬でも暖かな日は活動する「日和見越冬」。気温は低くとも日差しがあれば結構な確率で歩き回っている姿を見かける。

▼ナナホシテントウ/上から2016年1月7日、9日、15日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ナナホシテントウ

ナナホシテントウ

ナナホシテントウ

虫影が少ないこの時期にナナホシテントウを見るとなんだかホッとする。

関連記事
2016.01.16 初雪
例年12月中に初雪が降るような印象があるし、昨年などは元日に雪景色が見られたものだが、暖冬の影響か、今冬は一昨日の朝にちらほらと舞った。

霜の降りた木製ベンチに着地を決めた初雪の結晶。

初雪の結晶

初雪の結晶

雪の結晶はTG-4を買って以来撮ってみたかったものの1つ。本格的な雪の日が楽しみだ。

※2016年1月14日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。