上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予定通り明日から3泊4日の信州旅行へ行ってきます。

使う切符はいつもの「青春18きっぷ」と、今回初使用となる「信州北回廊パス」。


長野電鉄全線と、JR・しなの鉄道の一部区間が2日間乗り放題2,500円は安いです。

それにくわえ、上田電鉄の1日フリーきっぷか、「千曲川湯っくりフリーきっぷ」を使うかもしれませんが、それは旅程の中でどの程度余裕があるかで判断します。

今回の旅、観光はもちろんですが、駅スタンプがいくつ押せるかというのも課題。

というわけで楽しんできます。

関連記事
スポンサーサイト
今日は夜明け前から強い風雨が続いていたのですが、雨は午後に上がり、やや強い風のみとなりました。

そんな夕方、ツマグロヒョウモンが1頭庭のクヌギの葉裏に静止。夜になってもそのままで、この場所を今宵の宿に決めたようです。

▼ツマグロヒョウモン(NIKON COOLPIX S4(トリミングなし))
ツマグロヒョウモン就寝中

フラッシュを焚くのは味気ない気がして、ヘッドランプで照らして撮影。夜の雰囲気が出た・・・かな?

ところで雨に誘われてか昨晩からアマガエルが1頭、庭で元気よく鳴いています。まるで水田のそばに家があるかのような錯覚に陥りそうです。このまま庭(ビオトープ)に居ついてくれると楽しいのですが。

さて、8月1日からの長野旅行ですが、安い宿を見つけたので3泊4日となりました(笑)。いつも詰め込みまくりのプランですが、今回は余裕のある旅ができそうです。

関連記事
北海道テレビ(HTB)が製作している珍旅行番組で「水曜どうでしょう」というのがありまして、大変面白いのですが、ここしばらく新作が作られていませんでした。

で、今日何気なく公式サイトを見てみたところ、藤村ディレクターいわく

「しばらく旅に出ます。4年ぶりのどうでしょうの旅です。」

おおお、これは楽しみ!一体どこへ行ったのでしょうか。
海外かなという気はしますが、国内で「サイコロの旅7」なんかも期待したいです。

ちなみに大泉洋さんは今日のブログ

「旅に出ております。久しぶりの旅ですな。相変わらずヒゲはうるさいです!」

と、おっしゃっています(笑)。



さて、だからというわけではないですが、私も旅の計画中。昨日青春18きっぷを購入してきました。
この夏最初の旅の行き先は長野県。2泊3日程度を予定します。出発は8月1日の予定です。

関連記事
ブログのサイドバーを色々といじってみました。

●プロフィールの下に、私のホームページへのリンクコーナーを設置。これまで普通のリンクのところにしか入り口が無かったのですが、これで訪問しやすくなったのではないかと。ドシドシお越し下さい(笑)。

●「にほんブログ村」と「blogram」の投票ボタンコーナーの入れ替え。これまで「blogram」の方を上にしていましたが逆にしました。見やすくなった・・・ような気がします。

●「グリムス(gremz)」の樹(ブログパーツ)を上の方へ。大人の樹になるたびに記事にしていたにもかかわらず下の方で隠居してましたが、やっぱりコイツは上だろうということで。

以上の3点。特に1点目はちょっと気になっていたことだったので、スッキリしました。

関連記事
ここしばらくの昆虫写真の記事で、タイトルの終わりに「@兵庫県三木市」のように撮影地を付けてきましたが、何だかうっとうしい感じがするので今回からやめます(三木市以外の場合は付けるかも)。

さて、今朝庭のビオトープを見てみると、アサザの花の上にオンブバッタの幼虫が1匹。そして私の目の前でアサザの花びらを食べ始めました(写真は兵庫県三木市にてOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macroで撮影、トリミングなし)。

▼オンブバッタの幼虫
オンブバッタの幼虫

オンブバッタの幼虫

オンブバッタの幼虫
アサザの花びらをムシャムシャ。

オンブバッタの幼虫

オンブバッタの幼虫

オンブバッタの幼虫

オンブバッタの幼虫

先日紹介したオンブバッタも、おそらく水草の葉を食べに来たものだったと思われます。
オンブバッタにとってビオトープの水草は「夏の味覚」といったところなんでしょうか(笑)。

関連記事
嫌になるほど暑い日が続きます。梅雨が懐かしい(笑)。

家の庭のキウイの樹はクマゼミに人気。今朝もやかましく鳴いていました(写真はOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macroで撮影、トリミングなし)。

▼キウイの樹にクマゼミ@兵庫県三木市
キウイの樹にクマゼミ

キウイの樹にクマゼミ

キウイの樹にクマゼミ

ちなみにブッドレアも大人気。
朝っぱらから猛暑をさらに暑くする声が家の中まで響いています。
関連記事
紹介し忘れていた写真がありました。

5日前(7月17日)の夕方、水を撒いた後のロウヤガキの葉にセグロアシナガバチが飛来、吸水していました(OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macroで撮影、トリミングなし)。

▼セグロアシナガバチの吸水
セグロアシナガバチの吸水

セグロアシナガバチの吸水

セグロアシナガバチの吸水

セグロアシナガバチの吸水

水を持ち帰って巣を湿らせ、翅で風を送って冷やすためだと思われます。

さて、ここしばらくの記事では、記事の終わりに「にほんブログ村」の投票ボタンを付けていましたが、どうも訪問者数への効果が薄いようなので今日からやめようと思います。「にほんブログ村」の投票ボタンを押してくださるという方は、サイドバーのボタンをどうぞ。
関連記事
梅雨明け後、夏らしい・・・にしても暑い日が続きます。

今日の午後、庭のビオトープのアサザの葉の上に、オンブバッタの幼虫がいました。涼んでいたのでしょうか(笑)。

▼オンブバッタの幼虫(NIKON COOLPIX S4で撮影、トリミングなし)
アサザの葉の上にオンブバッタ

アサザの葉の上にオンブバッタ

夕方からこのビオトープの整備。トチカガミが増えすぎているので先週末に続いて間引きをしたのですが、あまり減っている感じがしません。恐るべし。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
島根県江津市で発見された昆虫が新種と確認され、「クロゲンセイ」という和名がつけられたそうです。



博物館の研究員の方がエサキムカシハナバチという蜂の巣を採取したところ、4ヵ月後にその巣からこの昆虫が現れたのだそう。体長約1センチのツチハンミョウ科の甲虫。国内でこうした甲虫の新種が発見されるのはかなり珍しいのではないでしょうか。

なお、ツチハンミョウ科の昆虫では、幼虫がハナバチ類の巣に寄生し蜂の幼虫を食べて成長するものがいくつか知られており、本種も発見の状況からそのような生態を持っているのではないかと思われます。

ブログランキング・にほんブログ村へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
昨日、近畿地方は梅雨明け。ということでブログのデザインを森林鉄道のものに戻しました。

同じく昨日、クマゼミを2匹見かけました(今日は鳴き声も)。いよいよ夏という感じです。

さて、家の庭にはキウイの木が生えているのですが、そのキウイの木にキウイヒメヨコバイが発生。去年は確かいなかったので、今年になってどこかから飛んできたのが増えたのでしょう(写真は2010年7月17日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macroで撮影、特記が無い限りトリミングなし)。

▼キウイヒメヨコバイ(♂)
キウイヒメヨコバイ(♂)

キウイヒメヨコバイ(♂)
※トリミングあり

キウイヒメヨコバイ(♂)

キウイヒメヨコバイ(♂)

キウイヒメヨコバイ(♂)

▼キウイヒメヨコバイ(♀)
キウイヒメヨコバイ(♀)

キウイヒメヨコバイ(♀)

体長は3~4ミリ。オスは翅の根元から7割くらいが鮮やかな赤色ですが、メスは白っぽく地味で、オスと比較してやや大型です。
家のキウイでの個体数の比は、オス:メス=1:10くらい。圧倒的にメスが多く見られます。

このキウイヒメヨコバイ、以前「キウイのある特定の品種にしか見られず、完全な自然状態ではどの植物で見られるのか不明」という話を聴いたことがあったのですが、この記事を書くにあたって調べてみると、東京の小石川植物園のシナサルナシという植物にいたというブログ記事を見つけました。シナサルナシとはキウイの原種で、中国原産の植物。もしかするとキウイヒメヨコバイも中国原産で、もともとはシナサルナシにつく昆虫なのかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。