オオケマイマイラミーカミキリを撮影した場所で、フジの葉にこのような物体を発見(写真は2010年6月24日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影。特記が無い限りトリミングなし)。

▼フジの葉に作られた物体
ヒメクロオトシブミの揺籃

ヒメクロオトシブミの揺籃
ヒメクロオトシブミという昆虫が作ったもので、「揺籃(ようらん)」といいます。内部には卵が産みつけられており、孵化した幼虫は巻かれた葉を食べて成長し、内部で蛹になります。いわば「ゆりかご」ですね。

揺籃の近くで成虫を発見。こいつが作ったのでしょうか。

▼ヒメクロオトシブミ(2枚目はトリミングあり)
ヒメクロオトシブミ

ヒメクロオトシブミ

実は私はヒメクロオトシブミというとクヌギなどナラ類の葉を巻くものと思っていて、フジの葉に作られた揺籃を見てビックリしたのですが、改めて調べてみるとナラ類、フジのほか、バラの葉も巻くようで、かなりストライクゾーンが広いと判明。思い込みはいけませんなぁ(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
予告どおり今年3回目のラミーカミキリの記事です(笑)。撮影日と場所はオオケマイマイと同じ。前2回(コチラコチラ)のラミーカミキリも同じ場所です(写真は2010年6月24日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影。トリミングなし)。

▼ラミーカミキリ
ラミーカミキリ

ラミーカミキリ

ラミーカミキリ

ラミーカミキリ

ラミーカミキリ

ラミーカミキリ
かつてTV番組「探偵ナイトスクープ」で、背面の模様が礼服を着たガチャピンに見えると紹介されたらしいですが・・・う~ん、見えるかぁ?礼服はいいとしてガチャピンはどうかなぁ・・・。

さて、次回はヒメクロオトシブミとその揺籃(ようらん)を紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
今回はラミーカミキリ・・・の予定でしたが、先に将棋の棋聖戦の話題を。

昨日行われた第81期棋聖戦5番勝負の第3局で、羽生善治棋聖が挑戦者の深浦康市王位を破り3勝0敗のストレート勝ちで防衛。3連覇を達成しました。

第3局棋譜


これで羽生棋聖はタイトル獲得通算77期で歴代1位の故・大山康晴十五世名人まであと3期、通算勝数は1,104勝で米長邦雄永世棋聖を超え歴代単独6位となりました。おめでとうございます!

羽生棋聖(三冠)は今期絶好調。タイトル戦は名人戦も棋聖戦もストレート勝ち。かえすがえすも挑戦者決定戦で敗れてしまい王位戦に出られないというのが残念でなりません。しかし、王位戦で羽生棋聖を破って挑戦者になったのは初のタイトル戦となる若手の広瀬章人六段。これはこれで楽しみな王位戦ではあります。

次回こそは今年3回目のラミーカミキリの記事を(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
一昨日は午前中、歯医者で先週外れてしまった奥歯の金属の詰め物を再装着(元々のものは使えなかったので新造したもの)した後、せっかくの晴れを無駄にできないということで今シーズンからフィールドとなった里山へ(写真は2010年6月24日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影。トリミングなし)。

到着後、ゼフィルスを探して歩き始めたのですが、ふと足元を見ると・・・

▼なんじゃこりゃぁ
オオケマイマイ

オオケマイマイ
そこにいたのはカタツムリ。しかしその殻には毛が生えている!
最初はコケかなんかが生えているのかと思ったのですがどうもそうではなく、元から持っているものらしい・・・。こんなカタツムリを見たことが無かったので驚きました。帰宅後調べたところ、オオケマイマイというらしいと分かりました。“オオケ”は“大毛”でしょうか?今まで見たことがありませんでしたが、数が少ないということはないようで(愛媛県では絶滅危惧II類ですが)、そういう意味での珍種ではないようですが、とにかく形が“珍”なのは確か。一体何のためにこんな毛があるのでしょう?

とにかく見つけたときはその姿にビックリして、昆虫そっちのけで普段ほとんど撮影しないカタツムリを激写。

▼オオケマイマイ
オオケマイマイ

オオケマイマイ

オオケマイマイ
ゆっくり道端へ進んでいくと、そこにはもう1匹いた。

オオケマイマイ
もう1匹(ちゃんと中身が入っていて生きている)を乗り越えていく。

オオケマイマイ

オオケマイマイ

オオケマイマイ

オオケマイマイ

オオケマイマイ
まるで歯車のよう。

オオケマイマイ
まるで銀河のよう・・・言い過ぎか(笑)。

あ、この毛は幅広で尖っていて一見硬そうに見えるかもしれませんが、触ってみると結構柔らかいです。

ゼフィルス目当てでしたがそちらは見られず。しかしこんなカタツムリを見れて満足。

次回は今シーズン3回目のラミーカミキリの写真を紹介します。

にほんブログ村 写真ブログへ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
3日前、白い紫陽花(アジサイ)の花にとまっているのを撮影した、オオメカメムシ(オオメナガカメムシ)の写真を紹介します(写真は2010年6月22日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影)。

▼オオメカメムシ(1枚目はトリミングあり)
オオメカメムシ

オオメカメムシ

カメムシというと小顔(?)のものが多い中で、このカメムシは顔がデカイ(笑)。セミのような顔をしています。こんな顔をして何を食べるのかというと、植物の汁ではなくカイガラムシやアブラムシ。人間にとっては害虫を食べてくれる益虫ですね。顔がデカイなんて言ってスミマセン。

次回は昨日里山で見つけた昆虫・・・ではなく、カタツムリの写真を紹介します。はたしてどんなカタツムリなのか、お楽しみに。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
一昨日撮影したコアオハナムグリの写真を紹介します(写真は2010年6月22日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影、トリミングなし)。

▼コアオハナムグリ
コアオハナムグリ

コアオハナムグリ

コアオハナムグリ

コアオハナムグリ

前回のハナムグリ同様、緑色の体が白い紫陽花(アジサイ)の花に生えて美しい光景でした。

次回は同じく一昨日アジサイの花にやってきたオオメカメムシを紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
昨日は明け方4時過ぎに雷雨がありましたが、日が昇ると雨は止み、陽も射してくるという天候。
そんな午前中、庭の白い紫陽花(アジサイ)の花には、ハナムグリ、コアオハナムグリ、オオメカメムシがやって来ていました。その中から今回はハナムグリの写真を紹介します(写真は2010年6月22日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影、トリミングなし)。

▼ハナムグリ
ハナムグリ

ハナムグリ

ハナムグリ

ハナムグリ

ハナムグリ

ハナムグリ

ハナムグリ

白い花に鈍い金属緑色の体が映えて美しかったです。
なお今回初めて、ハナムグリは(5枚目の写真のように)つぶらな瞳がかわいいということに気が付きました(笑)。

次回はコアオハナムグリを紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
昨日午前中、家の庭の白い紫陽花(アジサイ)の花に埋もれるようにしてセマダラコガネがいるのを発見。「これは良い写真が撮れそうだ」と思い、慌てて一眼レフを持ってきて撮影(写真は2010年6月21日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影、トリミングなし)。

▼セマダラコガネ
セマダラコガネ

セマダラコガネ

セマダラコガネ

セマダラコガネ

セマダラコガネ

セマダラコガネ

セマダラコガネ

う~ん。これでも露出を+2補正しているのですが、もっと思い切ってプラス補正した方が良かったかも・・・。花を白飛びさせても昆虫をもっと明るく撮った方がきれいだったのでは・・・。

・・・という反省を踏まえて、今日もこの白い紫陽花の花を訪れた昆虫を撮影しました。次回はその中からハナムグリの写真を紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
4日前撮影したルリシジミの写真を紹介します(写真は2010年6月17日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影)。

▼ルリシジミ(1枚目はトリミングあり)
ルリシジミ

ルリシジミ

ルリシジミ

ルリシジミ

ルリシジミ
ネムノキの蕾に産卵していました。幼虫はネムノキも属するマメ科植物を食べます・・・と思っていたのですが改めて調べてみると、バラ科とブナ科の植物も食べるそうな(マメ科も含め、それらの花や蕾を食べます)。

さて、今日は家の窓の向こうから工事の音に混じってアブラゼミの鳴き声らしきものも聞こえてきました。しかし例年アブラゼミより早く鳴き出すニイニイゼミの声をまだ聞いておらず、時期的にも早過ぎるのではと思うのですが・・・違うものの音だったのでしょうか?ちなみに昨年は7月4日に里山でアブラゼミの翅を見つけています(そのときまだ鳴き声は聞けていませんでしたが)・・・ん、すると早過ぎるというほどでもないのか・・・。

明日は今日午前中に庭で撮影したセマダラコガネの写真を紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
3日目に撮影したラミーカミキリの写真を紹介します(写真は2010年6月17日、兵庫県三木市にて、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影、トリミングなし)。

▼ラミーカミキリ
ラミーカミキリ

ラミーカミキリ

ラミーカミキリ

先日も同じ場所で撮影したラミーカミキリですが、見かけるたびに撮りたくなってしまう魅力的な姿です。

次回はルリシジミの写真を紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事