2010.04.30 姫路城への旅
今年度中に修復工事のため天守閣が素屋根で覆われ見えなくなる姫路城へ昨日行ってきました。旅・・・というほどの距離の場所ではありませんが、その旅の模様を紹介します(写真は特記がない限りOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6で撮影、トリミングなし)。

この旅の目的の1つはもちろん「見られなくなる前に天守閣を見る」ということですが、もう1つの目的が「播州皿屋敷」で有名な、お菊さんにまつわる場所を見ること。妖怪・・・といってしまうとお菊さんに失礼ですが、妖怪好きとしては見逃せない場所です。

三宮から姫路までは神戸高速鉄道~山陽電車を利用。きっぷはこの区間が1日乗り放題となる「三宮・姫路1dayチケット」1,400円。往復するだけでも500円ほどお得です。

姫路に着いたのはお昼前。山陽姫路駅の駅蕎麦屋「山陽そば」の細うどんセット(360円)で腹ごしらえ。

▼細うどんセット
細うどんセット
NIKON COOLPIX S4(トリミングなし)
見本をよく見ないで食券を買ってしまったのですが、出てきた第一印象は「うどんが小さい!」。お茶碗サイズで思わず「えっ!?」と言いそうになりました。味は中々で特にお稲荷さんはおいしかったですが、麺にコシがほとんどなく、ボリュームの少なさも相まって微妙・・・。これなら同じ値段でスジ肉が上に乗った「ぼっかけうどん」や蕎麦を食べた方が上だったかも。

とにかく腹ごしらえを終え、まずはお菊神社へ。駅から10分弱の十二所神社境内にあるこの神社には、非業の死を遂げたと伝わるお菊さんが祀られています。

▼お菊神社
お菊神社
NIKON COOLPIX S4(トリミングなし)

お菊神社

お菊神社

お菊神社

本殿は特に「お菊を祀っているから」ということで変わったところは無し。ただ、多数のボンボリが吊るされた参道上の藤棚と、本殿の向かいにある「烈女」と刻まれた石碑は印象に残りました。

お菊神社参拝を終え、いよいよ姫路城へ。

堀にかかる橋を渡って門をくぐると・・・

▼姫路城
姫路城
天守閣右側に工事用の足場ができていました。

姫路城
まだ花が残っている桜の樹も。

入城料は600円・・・なのですが、工事中で入れない場所があるためか、平成22年4月12日~平成27年3月末の工事期間中は400円に値下げされています。知らずに行ったので400円で入れてちょっと得した気分でした(笑)。

まずは見たかったお菊井戸へ。

▼お菊井戸
お菊井戸

お菊井戸

こちらの本に掲載された、overQさん撮影の写真に触発されて、行こう行こうと思いつつ今まで先延ばしになっていました。

思いのほか大きな井戸。ここから夜な夜な「1ま~い、2ま~い、・・・」と声がしたといいます。
しかし、播州皿屋敷の話は基本的に創作とされているようで、お菊井戸ももともと「菊の井」という名前で、それを基に物語が作られたとする説もあるとか。
一方で先述の神社があり、また、お菊の墓とされる地蔵などもあるらしく・・・はたして真相は?

続けて城内を散策。

▼石垣
姫路城の石垣
「扇の勾配」と呼ばれる優美な曲線を描いています。

▼十字紋の鬼瓦
十字紋の鬼瓦
NIKON COOLPIX S4(トリミングなし)
とある櫓の鬼瓦。キリシタンの名残とも魔除けともいわれています。

▼転用石
灯篭の台石
築城のときに石が不足したために、思わぬ石が使われている箇所があります。写真は門柱の礎石に使われた灯篭の台石です。

▼姥が石
姥が石

姥が石
これも転用石の一種といえる石臼。羽柴秀吉が築城した際に貧しい老婆がこの石臼を寄附し、それをきっかけに多くの石が集まって石垣を造ることができたとされています。

▼大天守
大天守

大天守
「安全第一」の柵とのコラボは、ある意味貴重と言えるかもしれません(笑)。

さて、城壁には様々な形をした穴「狭間(さま)」があいています。これは城を攻める敵を攻撃するための穴で、丸と三角は鉄砲用、四角は弓用です。この狭間から見える風景が面白くて、しばらく撮影にはまってしまいました。

▼狭間
狭間

狭間

狭間

狭間

狭間
額縁効果というのでしょうか?どういう風景も絵になるような気がしました。ただ四角い狭間ばかりで撮っていたことに帰ってから気付きました。次回は丸や三角にも挑戦したいです。

お土産に「1枚足りない9枚入り」(笑)の「播州皿せんべい」を購入して帰宅。近いがために訪れることがあまり無かった世界遺産を満喫した1日でした。

にほんブログ村 写真ブログへ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
今日は一昨日行ったレンゲの群落へ。ツマキチョウ目当てでしたが、何度かやってきたもののシャッターチャンスは無し。ということで他の蝶を撮影(写真はOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影、特記がない限りトリミングなし)。

モンキチョウの♀には白い個体と黄色い個体がいますが、今日は黄色い個体がレンゲの葉に産卵している場面に遭遇。

▼レンゲに産卵するモンキチョウ黄色型♀@兵庫県三木市(1~3枚目はトリミングあり)
モンキチョウ黄色型♀

モンキチョウ黄色型♀

モンキチョウ黄色型♀

モンキチョウ黄色型♀
黄色い♀は♂と区別できないのでこれまでも知らずに撮影しているかもしれませんが、黄色い♀と意識して撮影できたのはこれが初めてです。

また、今日はトラフシジミもやってきました。

▼トラフシジミ@兵庫県三木市
トラフシジミ

トラフシジミ

トラフシジミ

他にはモンシロチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメ、ツマグロヒョウモン(今年初見)が見られました。
また、帰り道ではクロアゲハ(今年初見)、コツバメを目撃。

ところで、昨日、私のホームページ「Erbaf昆虫館」の入館者が3万人を突破しました!3万人目の方、賞品はありませんが、おめでとうございます(笑)!

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
こどもとむしの会のニュースレターmailが届き、それによると淡路島で行われる親子の昆虫採集イベントで参加者が全然集まっていないらしいです。
ということで、このブログでも紹介・宣伝しておきます。

<以下メールから引用>

───── 緊急募集! 親子で昆虫採集!in 灘山(淡路島)─────
頼りにしてた団体がダメになり、20組募集なのに、3組しか集まってないそうです。だれか来てください!
1日目に虫とりして標本づくり、2日目に標本完成し、国際フォーラムの間、展示発表する趣向。
講師:八木 剛(兵庫県立人と自然 の博物館)
【日時】
1日目:4月29日(祝) 10:00-15:00(※雨天時予備日5月1日(土))
2日目:5月 9日(日) 10:00-15:00
【会場】淡路夢舞台灘山フラワーロード
【対象】幼稚園・保育所や小学校に通う子どもを持つ家族
【参加費】1人300円。標本箱(ボール紙製)つき。
【申込及び問合せ】
公園・花・こども国際フォーラム実行委員会事務局
(担当:兵庫県立淡路景観園芸学校:嶽山-たけやま-)
電話&FAX:0799-82-3159
メール hiroshi_takeyama@awaji.ac.jp(@を半角英数に変えてください)

<引用終わり>

WEBサイト
淡路花博の一環として行われるイベントらしいです。
GWの予定が特に無いという御家族は、花博を見に行くのも兼ねて参加してみてはいかがでしょう?

ブログランキング・にほんブログ村へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
今日は午前中にコツバメを撮影すべく、里山のレンゲの群落へ。

しかしコツバメは1度それらしい姿を見かけたものの撮れず。しかし他の多くの種の蝶が訪れていました(写真は全てOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroを用い撮影、特記がない限りトリミングなし)。

▼キチョウ(キタキチョウ)@兵庫県三木市(3枚目はトリミングあり)
キチョウ

キチョウ

キチョウ
飛翔写真が撮れたものの、トリミングせざるをえなかった上に露出オーバーorz

そして、三木市で撮影できていなかったツマキチョウもやってきました。

▼ツマキチョウ@兵庫県三木市(4枚目はトリミングあり)
ツマキチョウ

ツマキチョウ

ツマキチョウ

ツマキチョウ
大幅にトリミングしていますが、こちらも飛翔写真が撮れました。左側の♀の周囲を♂が飛び回っているところです。

▼ベニシジミ@兵庫県三木市
ベニシジミ

このレンゲ群落では他にナミアゲハ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ(今年初見)が見られました。

またここへ向かう途中にはトラフシジミとヒメウラナミジャノメ(今年初見)を目撃。

加えて帰る途中にはコミスジ(今年初見)が見られました。役者が出揃ってきた感じです。

<おまけ>
▼帰りの道端で、スズメガの一種が羽化していた。
スズメガの一種

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
今日の午後、鷹取駅から三ノ宮駅まで乗車したJR神戸線の普通列車の運転士は女性でした。これまで男性しかいなかった職業への女性の進出が増え、近年女性運転士も見かけるようになりましたが、まだまだ少ない存在です。

で、座席が埋まっていたこともあって私は運転室の後ろで前面展望を楽しんでいたのですが、途中からそれに小学校低学年くらいの少年2人が加わりました。この少年の1人がこの女性運転士の運転テクニックについてイッチョマエに批評するのですが・・・「女子はセンスが無いなあ」などと大声で辛口コメントを連発!運転士とはガラス1枚隔てているだけなので確実に聞こえているはず。横で私はヒヤヒヤしていました(笑)。
なお、私はこの女性運転手の技量はマズイとは感じませんでした。その前に三ノ宮駅から鷹取駅まで乗車した普通列車の、新人らしい(横に指導員(?)がいました)男性運転士はブレーキのたびにガックンガックンなっていましたが(笑)。

この記事を書くにあたって「JR西日本に女性運転士誕生!」みたいなニュース記事を探したのですが見つからず。代わりにJR四国の記事を貼っておきます。



JR四国のプレスリリース

にほんブログ村 鉄道ブログへ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
今日はギフチョウを撮影しに加東市へ(写真は全て兵庫県加東市でOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroを用い撮影、特記がない限りトリミングなし)。

昨日の新聞の天気予報では晴れでしたが、現地に到着すると曇り時々晴れ、たまに雨もぱらつき肌寒いという・・・(泣)。ギフチョウは今日はダメだろうと思いましたが、午後になって晴れる時間が多くなり、1頭出現。しかし良いシャッターチャンスに恵まれないまま飛び去り、紹介できるのは思いっきりトリミングした下の写真1枚のみです。

▼ギフチョウ(トリミングあり)
ギフチョウ

そろそろギフチョウのシーズンは終わりですが、はたして来週も見られるでしょうか?

というわけで今日の記事のメインは他の昆虫。

ギフチョウのポイントへ向かう途中で、鯉のぼりを今年初めて見ました。近くにいるシオヤトンボの背景になんとか鯉のぼりを入れて撮ろうと悪戦苦闘。しかしシオヤトンボは地面など低く平たい場所にとまるのが好きなようでなかなか高い位置にとまらず、結局1番ましな写真は・・・

▼シオヤトンボ
シオヤトンボ
もっとなんとかしたかったorz

道の上には先週に続いてニワハンミョウが見られました。今日は気温が低かったおかげか近づきやすかったです。

▼ニワハンミョウ
ニワハンミョウ

また、小型のハチを捕食している場面に遭遇。

▼小型のハチを捕食するニワハンミョウ
ニワハンミョウ

ニワハンミョウ

ニワハンミョウ

ハンミョウの英名“タイガー・ビートル”にふさわしい、獰猛な姿です。

また、今年探していたもののまだ発見・撮影できていなかったツマキチョウがやっと見られました。

▼ツマキチョウ♀
ツマキチョウ

ツマキチョウ

ツマキチョウ
ただ、できれば地元・三木市で撮影したいものです。

他に撮影した昆虫は・・・

▼ミヤマセセリ
ミヤマセセリ

ミヤマセセリ

▼コチャバネセセリ
コチャバネセセリ
ミヤマセセリ以外のセセリチョウは今年初見です。

ギフチョウに関しては残念でしたが、天候の割には楽しめた撮影でした。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
この記事がこのブログのちょうど500記事目。いやあ、よく書いてきたもんだ。

メモリアルですが特別な内容ではありません(笑)。本日発売された漫画「xxxHOLiC」の第17巻について。


思いのほかワタヌキが店の主として成長していることに驚きつつ読了。色っぽい女郎蜘蛛が客として久々に登場した部分が見所というかメインですが、一番気になったのは冒頭に初登場したウサギ(?)の「羅宇屋(らうや)」。狐のおでん屋に続くアヤカシの屋台。全く聞いたことの無い職業名で、漫画で読む限り煙管のメンテナンスを行う職業のようですが、実際はどうなのか。

簡単に調べてみたところ、羅宇屋は実在した職業で、漫画のとおり煙管のメンテナンスが仕事。煙管を掃除する手法は、もちろん作中に描かれているようにヤニを好んで食べる魚のいる水中に煙管の部品を入れるのではなく、小型ボイラーから出る蒸気を利用するというもの。ただ、この際「ピーッ」と音が鳴るそうで、この点は作中にも描かれています。最初に読んだときはこの部分もフィクションだと思っていたので少しビックリ。

世の中から煙管が消えていくのに伴い羅宇屋も衰退し、最後の屋台の羅宇屋は浅草で2000年に廃業。背負子スタイルの羅宇屋は最近あるようですが、ぜひ屋台で「ピーッ」と音をさせつつ仕事をする実際の姿を見てみたかったです(タバコは嫌いだけど)。

ブログランキング・にほんブログ村へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
本日4月22日は、環境問題について人々に関心を持ってもらうために設けられた“地球の日”「アースデイ」です。

それにあわせて、グーグル(Google)のトップページのタイトルロゴがこんな感じに。

▼2010年アースデイのグーグルロゴ
アースデイ2010

ちなみに昨年は・・・

▼2009年アースデイのグーグルロゴ
アースデイ2009

何かにちなんだ特別バージョンのグーグルロゴはいつもセンスが良いですが、アースデイのものは格別です。

ブログランキング・にほんブログ村へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
日田彦山線の夜明駅と大鶴駅の新しい駅舎が完成し、今月18日に落成式が開かれたそうです。





歴史ある木造駅舎が解体され、無機質な小さなプレハブの駅舎になるものと覚悟していたのですが・・・なんと新しい駅舎は昔風の木造駅舎!両駅とももう再訪することはないかもと思っていたのですが、このニュースを知り、また他のブログ記事で「中に入ると木のいい香りが漂ってきます」といった感想を読んだこともあって、再訪したくなってきました。次に九州に行ったときには行ってみようと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事
本日で私が管理するホームページ、Erbaf昆虫館が7周年、Erbaf鉄道館が2周年となりました!
それを記念して・・・というわけでもないですが、2つのサイトを更新。更新内容は以下の通りです。

Erbaf昆虫館
●トップページの画像変更。
●「虫にまつわる頁」の“兵庫県三木市の蝶”に、テングチョウとアサギマダラの種ごとのページを公開。


Erbaf鉄道館
●2番線(鉄道旅行記)に「関東旅行2008(2日目前編)」の旅行記を掲載。
●2番線(鉄道旅行記)の「関東旅行2008(1日目~2日目朝)」の旅行記を一部修正。


Erbaf昆虫館は今朝8時ごろの段階で入館者数が29,969人。もうすぐ3万人です!3万人目の方には素敵な景品・・・はありませんが、ブログのコメントやメールでお知らせくだされば管理人としては嬉しいです(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事