先週土曜日に伊丹市昆虫館で撮影した南国のチョウ。本日はタイワンシロチョウ、ツマベニチョウ、クロテンシロチョウを紹介します(写真は全てOLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影(トリミングなし)、2010年2月6日、兵庫県・伊丹市昆虫館にて)。

▼タイワンシロチョウ
タイワンシロチョウ

タイワンシロチョウ

タイワンシロチョウ

タイワンシロチョウ
実物を見たのはこれが初めてかもしれません。上2枚が♂、下2枚が♀です。オスの翅の裏が実にオシャレな配色。どこのデザイナーに頼んだのでしょうか?(笑)
ただ、翅の表側を写した良い写真が撮れなかったのが次回の課題。

▼ツマベニチョウ
ツマベニチョウ

ツマベニチョウ
南国を代表する大きなシロチョウ科のチョウ。
ただ、翅がすれた古い個体が多かったこともあり、あまり良いシャッターチャンスに恵まれませんでした。残念。

▼クロテンシロチョウ
クロテンシロチョウ

クロテンシロチョウ
こちらは小さなシロチョウ科のチョウ。個体数は多かったですが小さく目立たない上に、お客さんにモンシロチョウと間違われていました。お気の毒(笑)。
なかなか一箇所に長く留まるということは無く、カメラを構えピントを合わせてシャッターを押す直前に移動して「あぁ~」ということが何度もありました。

次回はここまで紹介した以外に温室内で撮影した写真を紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事