先週土曜日に伊丹市昆虫館で撮影した南国のチョウ。本日はオオゴマダラとリュウキュウアサギマダラを紹介します(写真は全てOLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macroで撮影(トリミングなし)、2010年2月6日、兵庫県・伊丹市昆虫館にて)。

▼オオゴマダラ
オオゴマダラ

オオゴマダラ

オオゴマダラ
単独でいるよりも、蜜皿などに群がっていたり、数匹一緒に飛んでいたりするのをよく見かけました(他のチョウと共に蜜皿に群がっている様子の写真は別の記事で紹介予定)。日本最大のチョウ。

▼リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウアサギマダラ

リュウキュウアサギマダラ

リュウキュウアサギマダラ

リュウキュウアサギマダラ
翅を閉じた状態の写真は、理想を言えば翅の青さ(浅葱(あさぎ)色)をもっと写し出したかったのですが・・・こんなものかなあ。見る方向(光の当たる方向)によって翅の青みの帯び方が変わるので、ピントの合うアングルとの兼ね合いで難しいです。

次回はコノハチョウとカバタテハを紹介します。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ←良い!と思ったらポチッ(>人<)

関連記事