本日は午後から里山へ。目当てはシルビアシジミ。三木市に生息しているらしいことは知っていましたが、私はまだ(三木市以外でも)見たことがありませんでした。

まずはシルビアシジミの幼虫の食草である、ミヤコグサ探し。しかしこれがなかなか生えてない。生えていても小規模で、とてもシルビアシジミがいそうな場所ではなかったり・・・。結局2時間ほど探してまとまって生えている場所を発見。
↓ミヤコグサの花をハキリバチの一種が訪花
ハキリバチの一種
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)
程なくヤマトシジミっぽい蝶がミヤコグサを訪花。翅の裏の模様を見ると・・・おおっ、シルビアシジミだ!「うわっ、本当に紋がずれてる!」とヤマトシジミとの区別点である翅の裏の紋の1つが内側にずれていることを確認して興奮(笑)。これが人生初のシルビアシジミとの邂逅。

しかし、撮影しようと近づくと逃げられ近づくと逃げられ・・・1メートル以内には近寄れず、全然撮れません。かなり難易度の高い蝶のようです。
結局遠くから小さく写ったものをトリミングしたのが下の写真です。
↓シルビアシジミ(シロツメクサを訪花)
シルビアシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

↓翅の裏が確認できなかったもののたぶんシルビアシジミ・・・ヤマトシジミか?
シルビアシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)
気温の低い午前中なら動きが鈍いかも。そうすれば近寄れるのではと考えています。とにかく曲がりなりにも撮れて良かった。

シルビアシジミ以外の昆虫も撮影。
↓ツバメシジミ(シロツメクサを訪花)
ツバメシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓ツバメシジミ
ツバメシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓ツバメシジミ(ニガナを訪花)
ツバメシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓ルリシジミ(産卵)
ルリシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

↓トラフシジミ(捨てられた軍手の上で開翅)
トラフシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

↓キチョウ(ブタナを訪花)
キチョウ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓モンシロチョウ(マツバウンランを訪花)
モンシロチョウ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓モンキチョウ(マツバウンランを訪花)
モンキチョウ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓ツマグロヒョウモン(シロツメクサを訪花)
ツマグロヒョウモン
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓フタスジサナエ(連結状態の2頭が中途半端に分離)
フタシジサナエ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

↓フタモンアシナガバチ(カラスノエンドウの実を足場に巣作り・・・ってその足場は大丈夫か?)
フタモンアシナガバチ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

フタモンアシナガバチ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
関連記事