本日は午前中に森林公園へ撮影に。スギタニルリシジミを撮りたかったのですが、それは見つからず。ギフチョウは今シーズンダメだったので、なんとかスギタニルリシジミには出会いたいものです。

ということで他の昆虫を撮影。
↓コミスジ
コミスジ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓サシガメの仲間の幼虫
サシガメの一種
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

水辺に行ってみると、たくさんのホソミイトトンボが飛んでいました。
↓ホソミイトトンボ交尾
ホソミイトトンボ
NIKON COOLPIX S4(トリミングあり)
その中に、1頭の美しい水色のホソミオツネントンボがいました。なんとかどこかにとまってくれないかと思ってみていると、♂と♀が連結したホソミイトトンボがとまっている草の上部へとまり、そしてなんと尻尾のハサミ状の部分でホソミイトトンボのオスの首根っこをがっしりつかむと飛び立ち、異種間三連結という珍事態が発生!よろよろ飛んで近くのタンポポの茎にとまりました。まともな写真は撮れませんでしたが紹介します。
↓前から順にホソミオツネントンボ♂、ホソミイトトンボ♂、ホソミイトトンボ♀
ホソミイトトンボとホソミオツネントンボの異種間三連結
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

↓まるでこいのぼり(笑)
ホソミイトトンボとホソミオツネントンボの異種間三連結
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)
ちょっと色合いが似てたので間違えたのでしょうか(笑)?時間にして数分の間3個体連結の状態が続き、その後ホソミオツネントンボがホソミイトトンボを開放しました。

同じ場所では羽化したてのイトトンボの仲間も見られました。
↓イトトンボの一種(羽化直後)
イトトンボの仲間
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

水辺に沿って歩いていくと、地面近くにトラフシジミの春型がいるのを発見し、撮影。しかし何だか変。
↓トラフシジミ春型
トラフシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
後翅の後半部分がなくなっています。鳥やトカゲに襲われたのでしょうか?

直後に無傷の個体が近くのツクバネウツギの花へやって来ました。
↓ツクバネウツギを訪花したトラフシジミ春型
トラフシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

トラフシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

トラフシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

トラフシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

↓地面で吸水する姿も
トラフシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ヒメウラナミジャノメも数多く見られました。
↓ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

スギタニルリシジミは見れなかったものの、イトトンボの異種間3個体連結や、この時期しか見られないトラフシジミの春型が見られたことだし、良しとしましょう。
関連記事
スポンサーサイト