本日は前2回と同じ場所でギフチョウへの挑戦3回目!・・・失敗orz

ギフチョウを探す合間に他の昆虫を撮影。
若葉萌えるクヌギの木で、ヒメクロオトシブミ↓
ヒメクロオトシブミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

クサギカメムシ↓
クサギカメムシ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

その後場所を移動。
そこで越冬明けのボロボロのルリタテハ↓
ルリタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ルリタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ルリタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
左右の翅の同じ位置が同じように欠損しているのは、鳥やトカゲなどの捕食者に襲われた痕だと何かで読んだのですが、これもそうなのでしょうか(後翅に注目)。

コバノガマズミ(?)の花にトラカミキリの仲間がやってきていました。エグリトラカミキリかと思ったのですが、どうやらトゲトゲトラカミキリのようです。↓
トゲトゲトラカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

トゲトゲトラカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

トゲトゲトラカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

さあ帰ろうと思ったところでミヤマセセリを発見。バスの時間が迫っていたので急いで撮影。↓
ミヤマセセリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ミヤマセセリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ミヤマセセリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
ミヤマセセリはギフチョウと同じく、春にしか成虫が見られない蝶です。

なお、この2箇所目の場所では水辺でイトトンボの仲間が連結して飛んでいるのを発見。草にとまったものの遠すぎて撮れず。

・・・さて、この春にギフチョウを見ることはできるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト