本日は前2回と同じ場所でギフチョウへの挑戦3回目!・・・失敗orz

ギフチョウを探す合間に他の昆虫を撮影。
若葉萌えるクヌギの木で、ヒメクロオトシブミ↓
ヒメクロオトシブミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

クサギカメムシ↓
クサギカメムシ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

その後場所を移動。
そこで越冬明けのボロボロのルリタテハ↓
ルリタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ルリタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ルリタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
左右の翅の同じ位置が同じように欠損しているのは、鳥やトカゲなどの捕食者に襲われた痕だと何かで読んだのですが、これもそうなのでしょうか(後翅に注目)。

コバノガマズミ(?)の花にトラカミキリの仲間がやってきていました。エグリトラカミキリかと思ったのですが、どうやらトゲトゲトラカミキリのようです。↓
トゲトゲトラカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

トゲトゲトラカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

トゲトゲトラカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

さあ帰ろうと思ったところでミヤマセセリを発見。バスの時間が迫っていたので急いで撮影。↓
ミヤマセセリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ミヤマセセリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ミヤマセセリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
ミヤマセセリはギフチョウと同じく、春にしか成虫が見られない蝶です。

なお、この2箇所目の場所では水辺でイトトンボの仲間が連結して飛んでいるのを発見。草にとまったものの遠すぎて撮れず。

・・・さて、この春にギフチョウを見ることはできるのでしょうか。
関連記事
将棋の対局、しかもプロのタイトル戦といえば猛烈な集中力を要する場だと思いますが・・・

YouTube

4月10日、名人戦第1局2日目の午前中に、なんと対局中の、しかも手番の羽生名人に観戦記者がサインを求めて扇子を差し出すという珍事が発生。驚いた様子の羽生名人はそれでもサインに応じた後、再び思考の海へ潜って行ったようですが、羽生名人も、また対局相手の郷田九段も集中力をそがれたのではないでしょうか?羽生名人は持ち時間をサインを書くのに使わなければならなかったわけで、ご本人曰く「10秒、20秒のこと」とはいえ損です。
その場面がちょうどNHKの中継で放送。アナウンサーも、解説の木村八段も唖然といった感じで、またテレビで見ていた私も何が起こったのかわかりませんでした。

結局、対局はサインをした羽生名人が勝利(これはすごい!)。

マスコミもこの件を取り上げ、NHKのニュースにまでなり、私も当初は憤慨したものですが・・・これにはこういった事情もあったようです。

これを読むと・・・この記者さんも少し気の毒ではあります。少なくともマスコミはこうした事情も伝えるべきだったのではないでしょうか?
関連記事
先日ギフチョウを見に行った場所へ今日も行ってきました。しかし、またしても見れずorz
↓幼虫の食草のヒメカンアオイはたくさん生えていましたが・・・
ヒメカンアオイ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ギフチョウを探して雑木林を歩き回っていると、1本の枯れ木からコツコツという音が。「啄木鳥がいるな」と思って木を見ても姿はなし。「これは中からたたいているのか」と思い視線を上へやると巣穴らしきものが2つ。しばらく見ていると、穴の1つから頭がのぞきました。それをコンデジの10倍ズームを駆使して撮影。
コゲラ
NIKON COOLPIX S4(トリミングなし)

コゲラ
NIKON COOLPIX S4(トリミングあり)

どうやらコゲラのようです。見つけてから私が帰るまで、ずーっと30分くらい顔を出してじっとしていました。

駅まで戻ると、駅舎の軒先でツバメが巣作りの真っ最中。1羽が駅前の手すりにとまりました。
ツバメ
NIKON COOLPIX S4(トリミングなし)

3メートルくらいまで近寄れました。電線や巣にとまってるのはよく見ますが、こういうのは中々珍しいのではないでしょうか。

なお、蝶は雑木林でヒメウラナミジャノメ(今年初見)、コミスジ(?そうであれば今年初見)、アカタテハ、ムラサキシジミ(?)、ヤマトシジミ(?)、キチョウ、その近くの畑や野原でツバメシジミ(今年初見)、ベニシジミ、アゲハ、ツマキチョウ(今年初見)、モンキチョウ、モンシロチョウを目撃。
関連記事
今朝は犬の散歩を兼ねて里山へ。
ベニシジミの雌を雄が追いかけていました。
ベニシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
前を歩く雌は時折翅を震わせ、交尾拒否行動(たぶん)をとっていました。翅があるなら飛んで逃げればいいのにと思うのですが、2頭とも(時々短距離を飛ぶものの)地上を歩いて追いかけっこ(笑)。

ヤマトシジミも見られました。
ヤマトシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ヤマトシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ヤマトシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし):セイヨウタンポポを訪花。

飛んでいる姿から、先日見たルリシジミかと思われた水色のシジミチョウは、おそらくヤマトシジミだったのではと思います。

他にキチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、テングチョウ(?)、そしてタンポポを訪花しているミヤマセセリを1頭見たのですが、撮れずorz

帰宅後、家の庭を度々訪れるアゲハを撮影。なお、アゲハは一昨日が今年初見(同じく庭で)。
↓ハボタンを訪花。
アゲハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

↓サクラソウを訪花。
アゲハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

アゲハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

アゲハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

アゲハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

アゲハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

それにしても今日は夏のような暑い日でした。
関連記事
一昨日(4月9日)、阪神・近鉄お試しチケットを使って奈良へ日帰り旅行をしてきました。昨日の記事では奈良公園で撮影したルリセンチコガネを紹介しましたが、今日はそれ以外の部分を。(写真は全てNIKON COOLPIX S4で撮影(トリミングなし))

阪神三宮発9:05の快速急行に乗り、近鉄奈良到着は10時半ごろ。まず向かったのは漢國神社。この境内には林神社という饅頭の祖神を祭った神社があり、そして“饅頭塚”というものがあります。
饅頭塚
饅頭っぽい形をした岩があります。
また、4月19日には“饅頭祭”というすごい名前の行事があるようです(笑)。
饅頭祭

続いてJR奈良駅へ。ここには古い和洋折衷の建築の旧駅舎が移設・保存されているというので見に行ったのですが・・・
JR奈良駅旧駅舎
改修工事中orz

落胆しつつ、元興寺へ。ここはガゴゼという鬼の伝説があるお寺です。ふと桜の木の根元を見てみると・・・
元興寺の鬼
石仏群に囲まれ、桜の花びらが落ちる地面の上で座禅する鬼の素焼きの像を発見。何だか印象的な光景でした。
元興寺では、ガゴゼをデザインした手ぬぐいを購入。500円なり。

続いて向かったのは不審ヶ辻子(ふしんがづし)という小道。お坊さんに追われて逃げてきた鬼がここで消えたという伝説があり、怪しい小道ということで名づけられたそうです。
不審ヶ辻子
いわば元興寺からここまで鬼の逃走経路をたどったわけです。我ながらマニアック(笑)。

そして猿沢池の岸辺を歩いて采女神社へ。
采女神社
その昔、天皇の寵愛が薄れたことを嘆き池に身を投げた采女を祭った神社ですが、当初池に向かって立てられた社が、「身投げした池を見るには忍びない」と一夜にして背を向けたと伝わっており、現在も社は池に背を向けて立っています。

その後東大寺へ。ここには密かな昆虫スポットがあります。
大仏の膝元には左右1つずつ巨大な花瓶のようなものがあるのですが、その花瓶には1対ずつアゲハチョウがとまっています。
8本足のアゲハチョウ
このアゲハチョウ、なんと足が8本あります!朝日新聞社刊の「動物たちの地球」No.1にも紹介されていますが、もしかすると実際に突然変異でこうしたアゲハチョウがいて、それをモデルに作られたのかもしれません。

そして昨日紹介したルリセンチコガネを探して奈良公園をうろうろ。
奈良公園の鹿
さすがに鹿がたくさん居ました。ルリセンチコガネはこの鹿の糞を食べる掃除屋です。

鹿飛び出し注意
道路沿いには鹿飛び出し注意の標識も。

最後に某土産物屋で鹿の角で作られたフクロウのストラップを購入。1575円なり。そして近鉄奈良駅16:04発の快速急行で帰りました。

中々充実した面白い旅でしたが・・・少し詰め込みすぎの感も。とにかく歩き疲れました。
関連記事
昨日(4月9日)は奈良へ日帰り旅行へ行ってきました。オークションで落とした阪神・近鉄のお試し乗車券を利用。この旅行の目的の1つは、「奈良公園でルリセンチコガネを撮影する」ということでした。
奈良公園にはメタリックブルーのオオセンチコガネが生息しており、“ルリセンチコガネ”と呼ばれています(ちなみにこの虫は鹿の糞を食べます)。ネットを見てみると4月上旬でも(今年は暖かいし)かろうじて見れそうだったので、もしかしたらと思っていたのですが・・・手向山神社境内で飛行中のものを発見!しかしその個体は無情にも建物の屋根を越えて飛んでいきましたorz

気を取り直して歩いていると近くで地上すれすれを飛行中の個体を発見!そしてコイツは地面にとまりました!目にも鮮やかな美しいメタリックブルー(興奮)!しかし、リュックから一眼レフを取り出してるうちに(旅行中は主にコンデジを使ってました。)積もっている枯葉の中へもぐりこんでしまいました。鹿の糞混じりの枯葉を必死で掻き分け探しても見つからず。出しときゃよかった一眼レフと思っても後の祭りorz

その後、若草山の麓周辺を探して歩いたのですが見つからず、あきらめて帰ろうと思いながら先程枯葉にもぐりこまれた所へ行ってみると・・・
ルリセンチコガネ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

いたああああああああああああああああああ

ルリセンチコガネ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

奇跡の逆転ホームラン。もちろんこの機会を逃すまじとシャッターを切りまくりました。しかし、シャカシャカとすばしこく歩き回り、また、枯葉の中にすばやくもぐりこむので撮影は難航(枯葉の中も結構早く進むことが判明)。結局数十秒の間に大量のブレた写真とボケた写真を残し、彼 or 彼女は飛び去っていきました(泣)。見れる写真は上の2枚だけです。
ルリセンチコガネの本格的なシーズンになったらまた行ってリベンジする・・・かも。もっとメタリックブルーがよく分かる写真を撮りたかったのですが・・・。

その他、旅で訪れた場所に関しては明日書こうと思います。
関連記事
三木市内でギフチョウの復活作戦として食草のヒメカンアオイを植える活動が行われている雑木林へ行ってきました。2005年からは産卵が確認されているそうで、神戸市では今年は3月下旬に羽化していることから考えて成虫が見られるかもと思っていたのですが・・・結局見れずorz

ということで他の昆虫を撮影。
杉の伐採木に、ヒメスギカミキリがいました。珍しい昆虫ではないですが、私がこの虫を見たのはこれが初めてです。
ヒメスギカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ヒメスギカミキリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ヒメスギカミキリ交尾
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ヒメスギカミキリ交尾
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

伐採木の上はオスがメスを追いかけ、カミキリムシが右へ左へ走り回っており運動会状態でした。

また遊歩道上ではアカタテハが日向ぼっこ。アカタテハは今年初見。
アカタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

アカタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

蝶は他にルリタテハ、テングチョウ、キチョウ、シジミチョウの仲間(1頭はトラフシジミ?他はルリシジミ?)が見られました。
関連記事
本日は暑いくらいの陽気。午後から里山へ。
ベニシジミがいました。今年初見。
ベニシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ベニシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

また、先日見かけたものの撮影できなかったモンキチョウも。
モンキチョウ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

さらに、越冬明けのキタテハ。今年初見。
キタテハ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

他に、ルリシジミらしき蝶を2頭見かけたのですが、撮れず。

蝶以外では、モモブトカミキリモドキが見られました。今年初見。
モモブトカミキリモドキ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
その他ミツバチやハナアブの仲間など多くの昆虫が飛び回っていました。やや風はあったのですが、高い気温と日差しのおかげでしょう。
関連記事
今日は神戸で行われていた“ひょうご大古本市”へ。
古本市
NIKON COOLPIX S4(トリミングなし)

会場は三ノ宮駅から徒歩10分のサンボーホール。
規模は兵庫県最大級というだけあって広い会場(喫茶コーナーもあり)にたくさんのブースがあったのですが、あまり欲しい本がありませんでした。というよりも古本市の宿命でもありますが「本当に売る気はあるの?」という感じで本が探しにくい並べ方のブースも多く(本棚の下敷きに(空想科学読本4がorz)なってたり裏側に隠れていたりする本も!もっと本に対して愛情を持たんか!)、結局昭和40~60年代に発行された文庫サイズの昆虫や貝を扱った本を4冊750円で購入してお茶を濁して帰ってきました。
さんちかホールでやってるくらいの規模なら多少探しにくくても楽しめるのですが・・・。古本市はブックオフでは見られないような本に出会えて楽しいのですが、今日のものに関してはブックオフの方が断然上でした。
関連記事
2日前に庭のユスラウメにとまっているモンシロチョウを紹介しましたが、以来ずっと同じ場所にとまっていました。しかし今朝ついに飛び立ち、そして近くのサクラソウを訪花。
桜草にモンシロチョウ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

午後からは里山へ。雑木林の中でテングチョウが日光浴。
テングチョウ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

そして先日コツバメを撮影した場所へ行ったのですが、今日は見られず。
代わりにニホンミツバチがレンゲの花から飛び立つ瞬間が撮れました(↓はトリミングしたものですが)。
ニホンミツバチ離陸
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

ほかには別の場所でモンキチョウ(黄色の個体だったので♂?)が1頭見られましたが撮影はできず。その後、日が陰ってきたので早めに帰りました。

関係ないですが、昨日からGreen Road Projectのブログパーツを表示しないようにしました。重たい上に、反応するのがほとんど平仮名の「き」ばっかりなので(笑)。
関連記事