私のホームページ「Erbaf昆虫館」の昆虫写真撮影日記を掲載している「虫にまつわる頁」ですが・・・、前々から思っていたのですが、やっぱりこのブログの内容とかぶってる(笑)。
このブログを始めた当初はこんなに昆虫写真を掲載することになるとは思っておらず、またこのブログの写真はホームページのお試し版と位置づけていたのですが・・・このブログを本格的に昆虫写真撮影日記にして、「虫にまつわる頁」を昆虫写真館(web図鑑)的なページにしたほうがいいのではないかと思っています。
実は「虫にまつわる頁」の前身の、開館当時に有った「展示室」というページはそういうコンゼプトのページだった(写真の昆虫の種数の少なさから方針変更→昆虫写真撮影日記へ)ので、いわば原点回帰です。
ということで、「虫にまつわる頁」の昆虫写真撮影日記の更新はもう行わない予定です。撮影日記はこのブログに掲載します。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
本日も、クロツバメシジミを求めて里山へ→撃沈orz

いつのまにやら三木市の数少ない(?)観光スポットの1つ、御坂サイフォンの近くに来ていたので観光。
御坂サイフォン
御坂サイフォン COOLPIX S4(トリミングあり)
奥に見える橋がそれ。明治24年に作られた橋で、岸から岸へ水を渡す役目も担っています。

ついでに窟屋の金水(志染の石室)も観光。
窟屋の金水
窟屋の金水(志染の石室) COOLPIX S4(トリミングなし)
岩穴の中の池にヒカリモという藻類が繁殖していて、それが見る角度によって黄色く見えます。水面に金粉を浮かべたようだと形容されることがありますが、確かにそうも見える不思議な光景。

お近くにお越しの際はどうぞ。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログへ
関連記事
昨日午後、里山へ再びクロツバメシジミを探しに。しかし、ここぞという場所にも成虫も食草も見られず、また敗退orz
気を取り直して他の昆虫を撮影しようと思っていると、セイタカアワダチソウの花にアカタテハがやってきていました。しかし警戒心が強く、2mくらいまでしか近寄れず、一眼レフの35mmマクロレンズでの撮影は困難。そこでCOOLPIX S4の光学10倍ズームを望遠端(35mm換算で380mm)にして撮影。
アカタテハ
COOLPIX S4(トリミングなし)

アカタテハ
COOLPIX S4(トリミングあり)

これまでなら撮影できなかったであろうシーンで活躍してくれました。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
今日、庭の黄色い菊の花をふと見ると、見慣れないシジミチョウが。
三木市のクロマダラソテツシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
おお!クロマダラソテツシジミです!
以前神戸市中央区で撮影したものとは翅の裏の模様が少し違いますが、こちらのブログの記事で紹介されている写真の個体と同様の斑紋で、季節変異か異常型か・・・それはともかく、

・・・ついに三木市にも侵入してしまいました。
三木市のクロマダラソテツシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
翅の表が鮮やかな青色をした♂でした。
市内で発生したのか、市外の生息地から飛んできたのか・・・いずれにせよ、生態系に影響が出ないことを祈るのみです(ちなみに家の庭にはソテツはありません)。

これが三木市初記録なのかは分かりません(たぶんそう?)が、念のため撮影後に採集して標本に。

<追記・2008年10月29日(31日に修正)>
記事中にリンクさせて頂いたブログの管理人pekeyamaさんと、この記事にコメントを下さったNanamiさんに、この個体の斑紋は季節変異の「低温期型」であると教えていただきました。ただ普通の個体の斑紋と比較して大きく乱れており、Nanamiさんによれば、斑紋が乱れることの多い低温期型の中でも、ここまで乱れたものは少ないようです。
また、Nanamiさんは数週間前に市内で目撃したとのことで、三木市初記録ではありませんでした。
情報ありがとうございました。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
本日は、姫神の奉納演奏に行かない代わりに(泣)、里山へ。午前と午後の2回という豪華版。なお、今日の写真から、写真の使用カメラ(レンズ)とトリミング処理の有無を掲載します。
まず、午前(朝)。犬の散歩のついでに。昨夜、こちらの記事で見て驚いた、ヨモギの花穂に見事に擬態をするハイイロセダカモクメの幼虫を探すことが主目的で、1匹見つけたのですが、花穂がまばらな茎に居たので目立ちまくっていた事もあって、あまり良い写真は撮れずorz
その後見つけた下のシーン。ヨモギにツチイナゴの幼虫の褐色型と緑色型が仲良くお食事中。
ツチイナゴの幼虫×2
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
ヨモギの葉も食べるんですね。

続いてイヌタデの花穂にヤマトシジミ。
イヌタデにヤマトシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
当然のことながら昨日のコンデジとは違って背景がきれいにぼけてスッキリした写真に。

そして午後の部。クロツバメシジミが居ないかと思ってあちこち探したのですが、成虫はおろか、幼虫の食草のツメレンゲさえ見つからずorz
ということで他の昆虫を撮影。まず、訪花したモンシロチョウ。
モンシロチョウの訪花
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)
ボロボロの個体ですが、翅が陽に透けて良い感じ。

そして、セイタカアワダチソウの花粉を食べていたカンタンの一種。
カンタンの一種
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
本州にはカンタンが3種居るらしいのですが、どの種なのかは分かりません。同定には捕まえて腹部の下側を見たりしなければならないということを帰ってから知りましたorz

ちなみに午後はCOOLPIX S4も持って行ったのですが、そちらはあまり使いませんでした(光学10倍ズームの威力を試したりはしました。これまで3倍ズーム機を使っていた私にとって感動!)。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
COOLPIX S4を用いて昆虫写真を撮影。
ヤマトシジミ(COOLPIX S4使用)
雨上がりのミカンの葉の上のヤマトシジミ。
これがトリミングしてない写真・・・なら良いのですが、コンデジの宿命(?)として背景がきれいにぼけてくれないため、トリミングで背景部分を除いた写真です。
背景はともかく、撮影対象(昆虫)に関しては手前から奥までピントが合うため、コンデジの写真もなかなかのものだと改めて思いました。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
10月25日(土)に伊勢神宮で、シンセサイザー音楽家姫神による奉祝演奏会が行われます。
http://www.city.ise.mie.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1223341401543&SiteID=0

行こうと思って楽しみにしていたのですが、
①終了が20時なので日帰りが不可能(交通費・宿泊費計1万円前後になる)。
②シンセサイザーのみのインスト演奏(インスト曲も好きですが、ボイスものやゲストミュージシャンの参加した曲もせっかくのライブなので聴きたい)。
という点により、今回は行くのをやめにすることにorz

姫神さ~ん、神戸あたりでコンサートしてくださ~い!

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
前々からスイバルデザインの新しいコンパクトデジカメが欲しいと思っていたのですが、本日、ヤフオクで落札したCOOLPIX S4が届きました。
夕方でしたが、早く試してみたくて、庭でホトトギスの花をマクロ撮影。
ホトトギスの花
フラッシュを用いた結果、暗闇から花が浮かび上がったような写真に。被写界深度も深く、コンデジならではの良さが出ていると思います。
カメラのサイズもこれまで使っていたコンデジ、COOLPIX 2500より一回り大きいくらい。バッテリーも単三電池(エネループを使う予定)なので使い勝手がよさそうです。とても気に入りました。

これからは一眼レフ(OLYMPUS E-330)と共に、旅行に、昆虫の撮影にと大活躍しそうです。でも、これまで(特に旅行で)使っていた2500を使う機会が大幅に減りそうなので、少し寂しい気もします。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログへ
関連記事
今朝は8時くらいに里山へ(犬の散歩を兼ねて父と)。朝露の付いたチカラシバの穂の群れがきれいだったので撮影。
朝露の付いたチカラシバ
カラー写真なのに白黒写真のような不思議な雰囲気に。

その後昆虫を探したのですが・・・時間が早かったのかあまり見られず。帰りがけになってちらほらと出てきました。下はウラナミシジミを半逆光で撮影したもの。
ウラナミシジミ
もう少し翅が透けてほしかったのですが・・・。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
庭のヒャクニチソウの花の上にオンブバッタがいるのを発見。
オンブバッタ on ヒャクニチソウ
顔が赤くなっているのは写真のモデルになって照れているから・・・ではなく(笑)、花の照り返しを受けているためですね。ちょっと面白い写真になりました。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事