将棋の王座戦で羽生善治王座が17連覇達成!

他の競技で17連覇というのはあるのでしょうか?ものすごい数字です。
しかも5番勝負は4期連続3-0のストレート勝ち。
まさに無敵の羽生王座です。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
Ernaf昆虫館を更新しました。更新内容は以下の通り。

●「虫にまつわる頁」に昆虫写真撮影日記2008年8月19、20日、9月4、7日分掲載。

祝9月突入!って、もうすぐ10月かorz
まあ、時差が1ヶ月をきったのでよしとしよう(笑)。ショウリョウバッタモドキやブチヒゲカメムシの写真を掲載。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
2008.09.28 リンクを追加
このブログのリンクに以下の2つのブログを追加しました。

バランスとハーモニー
当ブログにコメントを下さった、ロサンゼルス在住(!)のやっちゃんさんのブログ。アメリカでの生活の中における身近な自然・アウトドア関係の話題等が掲載されております。
ロサンゼルス空港周辺に絶滅危惧種のシジミチョウが生息しているという記事は驚き。

UMAファン~未確認生物
UMA(ユーマ)とは、はっきりと存在が確認されていない謎の生物(古くはネッシーなど)。
このブログではUMAを数多く紹介しつつ、その正体に(オカルト的ではなく)純粋に科学的考察を試みています。と同時に、絶滅した、あるいは現在も生きている奇妙な生き物も紹介。

ぜひご覧下さい。

↓クリックして、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
今日は父と一緒に、砥峰高原のススキを見に行くバスツアーに参加。播州犬寺などを訪問した後、高原に到着。
砥峰高原のススキ
少し時期が早かったようでしたが、それでもなかなか見事なススキの原でした。

昆虫はヒメアカネやキリギリス、トノサマバッタが見られ、特にトノサマバッタは数多く見られました。ススキの原はトノサマバッタにとっては天国?
砥峰高原のトノサマバッタ

なお、ヒョウモンチョウの仲間らしき蝶も飛んでいるのを2頭見かけましたが、とまってくれなかったため撮影・同定できず。何だったのかとても気になります。

↓のバナーをクリック(にほんブログ村のサイトへ移動)して、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
クロマダラソテツシジミ
↑南国ムード漂いますが・・・神戸市中央区です。

クロマダラソテツシジミという何とも長ったらしい名前の蝶が阪神地域で発生しているという情報をcicada_nanaさんのブログで知り、また当ブログへ「もう見に行かれましたか」とコメントを頂いて以来、見に行こうと思っていたのですが、本日、発生地へ行って撮影してきました。

クロマダラソテツシジミは本来、フィリピンなど南アジアに生息する蝶で、日本では南西諸島に迷蝶として飛来、まれに発生するというものだったのですが、昨年になんと大阪府池田市と兵庫県宝塚市で発生(人為的移入?)。今年になってからさらに分布を広げ、こちらのサイトによると西は兵庫県加古川市から東は京都府や奈良県まで広い地域で発生している模様です。今回はその中から神戸市中央区の相楽園という庭園を訪ねました。ここには本種の幼虫の食樹であるソテツがたくさん植わっています。

JR元町駅から相楽園へと歩いている途中、道端のアベリアの花にシジミチョウが来ているのを発見。「これはもしや!」とよく見てみると・・・
クロマダラソテツシジミ
やはり、クロマダラソテツシジミ(以下シジミと省略)。相楽園の外にもいるとは・・・。
驚きつつも午前10時過ぎに相楽園に到着。「入園料は300円だったな。」と思ってふと見ると「本日無料開放」の看板が!ラッキー!
さて、シジミはどこかな・・・と探すまでもなく、門から入ってすぐの樹齢250年(!)のソテツの大木をはじめとして、ソテツ園に植わっている数十株のソテツに1株につき5頭くらいのシジミが周りをひらひらと飛んだり、葉にとまったりしていました。しかし、11時を過ぎて気温が高くなってくると、見られるシジミの個体数は半分くらいに。
クロマダラソテツシジミ♂
↑ソテツの葉の上の♂。

クロマダラソテツシジミ♀
↑同じく♀。

クロマダラソテツシジミ交尾
↑交尾中に下から1頭が乱入。

ちなみに♂のほうが♀よりもかなり多く見られ、♂は新鮮な個体が多いのに対し、♀は翅が破れた飛び古した個体が目立ちました。

また、ソテツの新芽には卵と幼虫が(いずれも1株のみで確認)。
クロマダラソテツシジミ卵
↑薄い緑色の小さな卵。

クロマダラソテツシジミ幼虫
↑赤い俵型の幼虫。

幼虫の上や周囲には多くのアリが歩き回っており、他のシジミチョウ類の幼虫で見られるように、幼虫から蜜(甘露)をもらう代わりにボディーガードとしての役目を果たしているのかもしれません。

なお、園内ではシジミチョウ類は本種しか見られません(蝶全体でも他にはツマグロヒョウモンの♀が1頭見られたのみ)でした。時期的な問題もあるかもしれませんし、園内には蜜源となる植物が無かったため、ソテツを食樹とする本種しか見られなかったのだろうとも考えられます。が、もしも本種が強力な種で、他種のシジミチョウ類を園内から追い出してしまった結果だとしたら・・・自然生態系にも大きな影響を与えることになるかもしれません。

「近い内に三木市にも入ってくるかもしれないな・・・。」と不安を抱きつつ、相楽園を後にしました。

↓のバナーをクリック(にほんブログ村のサイトへ移動)して、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
明日は、幼虫がソテツを食べる外来種の蝶、クロマダラソテツシジミを見に(撮影しに)神戸へ行く予定。cicada_nanaさんの先日のコメントに「もう見に行かれましたか?」とあったのですが、遅ればせながらやっと見に行きます。天気が良ければいいのですが・・・。
その模様は明日のブログで紹介予定。

↓バナーをクリック(にほんブログ村のサイトへ移動)して、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
Erbaf昆虫館を更新しました。更新内容は以下の通り。

●「虫にまつわる頁」に昆虫写真撮影日記2008年7月26、30日、8月9日分掲載。2008年の7月13日以前分は過去の日記へ移動。

2日前に続いての昆虫写真撮影日記追加で8月に突入!何とか9月中に9月に突入したいのですが・・・(なんか日本語が変?)。

↓バナーをクリック(にほんブログ村のサイトへ移動)して、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
昆虫写真家である海野和男さんの「バタフライガーデン入門」によるとサルビアの花には蜂はやって来るが蝶はやって来ないとされており、実際サルビアを蝶が訪花しているのをほとんど見たことがなかったのですが・・・
サルビアを訪花した蝶
イチモンジセセリがサルビアの花にやって来ているのを発見。口吻は伸ばしてなかったので厳密には訪花と言えないのではとも思いますが、珍しい光景でした。



↓のバナーをクリック(にほんブログ村のサイトへ移動)して、このblogをランクアップ!(>人<)
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
関連記事
Erbaf昆虫館を更新。更新内容は以下の通り。

●「虫にまつわる頁」に昆虫写真撮影日記2008年7月12、13、19日分掲載。

段々と時差がなくなってきた・・・かな?

↓バナーをクリック(にほんブログ村のサイトへ移動)して、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
<伊勢神宮・奉納演奏会>

期日:2008年10月25日(土)
開場:伊勢神宮 内宮 宇治橋前 特設会場
時間:夕刻・日暮〜(詳細は後日更新予定)
入場料:無料
問合せ先:未定(詳細は後日更新予定)

内容:昨年に続き今年も伊勢神宮へ奉納演奏となりました
初コラボレーションでディタル・アーティストと共演予定
詳細は後日更新予定します

姫神公式ホームページのコンサート情報頁からの情報。これは楽しみ。

↓バナーをクリック(にほんブログ村のサイトへ移動)して、このblogをランクアップ!(>人<)
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事