前の記事で感想を書いた「サガレン」を読む中で、引用されている作品の原文を読んでみたくなり、林芙美子氏の旅行記を集めたこの本を手にした。



これが、大変素晴らしかった。文章は軽妙で読みやすく、また風景や空気感の描写が巧みで、その場の光景がありありと目に浮かんでくるような戦前の紀行文の短編集。読んでいてとても楽しかった。表題作では著者が実際に塗り下駄をはいてパリの街を歩いており、その様子を「ポクポク」という擬音語/擬態語を用いて表現していて、とても微笑ましい。この「ポクポク」あるいは「ぽくぽく」という表現が著者はお気に入りだったようで、他の短編でもよく使われている(歩く様子だけでなく、大地の土の様子を指しても使われている)。なんとも心が温かくなるようないい言葉だ。自分も機会があれば使ってみよう。

また、シベリア鉄道に乗ってパリへ向かう旅費を細かく記載している部分もあって、歴史的な資料としても貴重な文章だろう。時節柄、鉄砲の発砲音が響く中を汽車が走る描写もあり、戦時下の緊迫感が伝わってくる。いっぽうで、そんな中で大陸を横断する一人旅を敢行する著者の勇気というか、無鉄砲さというか、(編者の立松氏も巻末に書いているが、)よくこの時代にこんな女性がいたなというか、驚きを禁じ得ない。

ちなみに先の「サガレン」で樺太の旅において国境行きを断念したのは警察による監視を恐れたためでは・・・といううがった見方をされていたが、単純に本文中で語られている通り、旅費が心もとなかったからだろう。前述のとおり鉄砲の弾の下を走るような列車に乗る人だ。それに毎度毎度、心もとない旅費で旅に出ているようだし(笑)。

さて、その樺太への旅の後日談に当たる短編「摩周湖紀行」で気になった点が2つ。1つは阿寒湖へ向かう最寄り駅だったらしい「舌辛(したから)駅」という見慣れない駅名。激辛料理を連想させるような舌辛駅なんて、そんな駅あったかなと調べてみると、1970年(昭和42年)に廃線となった雄別鉄道の駅であった(1950年(昭和25年)に阿寒駅と改称)。

もう1つは、弟子屈温泉で蜩(ひぐらし)が鳴いていたという描写で、おやっと思った。ヒグラシが道東に分布していたかなと調べてみると、やはり分布していない(道南以南に分布。近年は温暖化で札幌辺りまで北上?)。6月中旬という季節を考えてもヒグラシには早いので、どうやらこれはエゾハルゼミだと思われる。鳴き声にヒグラシを思わせる旋律が含まれているので、このセミの存在を知らなければヒグラシと思っても無理はない。ささやかながら、著者が気づかなかった真実を見つけられて、なんだか小気味良い(笑)。

ぜひとも手元に置きたい、あるいは旅先に持って行きたい1冊。あえて苦言を呈するとすれば、1つは、各短編の末尾にある「(昭和○○年○○月)」という記載について、これが何なのかという注釈が無いこと。最初は著者が旅した時期を示すのかと思ったが、本文中と矛盾するものがあるので、どうもそうではなく、おそらく著者自身が各原稿の末尾にそれを書いた時期を記載したものと思われる。もう1つが掲載順。旅をした時系列順ではなくバラバラなのが残念。編者にこだわりがあったのかもしれないが、前後関係が分かりにくくなっている。ここは時系列順にしてほしかった。ただ、いずれも著者というよりは編者に責任の所在がある問題であり、作品の素晴らしさは揺るがない。オススメの本である。



そろそろブログの放置もいい加減にしたい(汗)。長い文章を書くということがめっきり減ってしまって、文章力の衰えを感じる今日この頃だ。
ということで、読んだ本の感想でも、リハビリがてらボチボチ投稿していこうと思う。

今回紹介するのは「サガレン」という変わったタイトルの1冊。
最近、樺太(日本領時代の南サハリン)の駅スタンプの収集に凝っていて、そのつながりでサハリンについて興味を持ち、この本に行き着いた。
なお、「サガレン」とはサハリン(樺太)のことで、満州語、またはアイヌ語が語源とされ、宮沢賢治が自身の作品中で用いている言葉である。



宣伝文句に「紀行ルポ」とあったので、サハリンの旅行記と思って読み始めた本作。しかし、結論を言ってしまえば旅行記とはいえない。たしかに著者はサハリンへ2回(取材外でさらに1回)赴いているが、作中に書かれたその内容は極めて薄い。まとめれば短編1つにも満たないような分量である。

また自身が「用意周到な」「鉄道ファン」であると書いているが、本作を読む限りそうとは思えず(例を挙げれば、せっかくサハリンの地で夜行列車に乗っているのに、車窓は真っ暗で何も見えないからと読書にいそしみ、通過駅も自分がどの辺を走っているのかもよく分かっていない。スマホ持参でネットが使えるのになぜ地図アプリを使わない?規制があるのなら仕方ないが、取材はどうした?)、作者との認識のズレから読者が置いてきぼりを食っているような気分がして、旅の模様に関しては共感できなかった。

期待と違うものでガッカリしながら、それでも最後まで読み進めたこの本の内容。それはかつて、樺太を訪れた林芙美子や宮沢賢治、チェーホフといった人々がどんな旅をし、何を思い、感じたのかということの紹介と考察であった。しかし、残念なことにこの点においても内容が薄いと言わざるをえない。何が問題かと言えば、先に挙げた樺太を旅した作家達の作品の引用が非常に多いのだ。それこそ、夏休みの宿題の読書感想文で、原稿用紙の枚数のかさ増しのために大量の引用をしたあの遠い日が思い出されるくらい、引用、引用、また引用である。宮沢賢治に関しては考察まで他者のものが引用されており、「私もそう思う」というような結論で締められる始末。そもそも、この内容であればサハリンに行く必要は無かったんじゃ、という疑問さえ湧いてくる。

ともあれ、全く読む価値が無いかと言えば、そうでもない。先にも書いたように引用が多いのだが、そのおかげで林芙美子や宮沢賢治、チェーホフの名作のつまみ食いができるのだ。少なくとも本作に出会わなければ宮沢賢治はともかく、林芙美子やチェーホフの作品を読むことは一文字も無かっただろう。そういう意味では読んで良かった。

ただ、これから読もうとする人には、まず、図書館等で借りての試し読みをオススメする。



前々から気になっていた本「ときめき昆虫学」を読了。



著者であるメレ山メレ子さんの虫との触れ合いを描いたエッセイ集・・・と思って読み始めた。実際、そういう読みものには違いないが、同じくらい、あるいはそれ以上に生き生きと描かれているのが、メレ山さんに虫について指南する、虫に対する愛情が爆発している人々の愉快な生態だ(笑)。東日本大震災の津波で流された車からゲンゴロウ用の網が盗まれてなかったことに驚喜する人。昆虫食に並々ならぬ情熱を燃やし、蚕(メレ山さんがペットとして飼育している)の美味しい食べ方を伝授する人。虫LOVEな人たちのなんと面白い生態か。さすがに自分はここまでではないと思いたい一方で、こうなりたいと思う自分もいる。章が進むにつれ、メレ山さんもその方向へ一歩一歩前進しているような・・・。

徹頭徹尾、虫(カタツムリやクモなど昆虫でないものも含む)と「虫屋」の話が盛りだくさん。とても楽しめるエッセイ集だった。オススメです。

余談ながら、生き物に携わる人々を描いた作品として、以前読んだゲッチョ先生こと盛口満さん(今月から沖縄大学の学長に就任したらしい。ビックリ)の「生き物屋図鑑」が思い浮かんだ。こちらもオススメ。