大晦日恒例、今年撮影の昆虫写真をツイッターのモーメントで紹介。




今年はなんとかひと月5記事のペースをキープ。多くの皆様に当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございました。来年もこのペースを維持して細々続けていこうと思っておりますので、よろしくお願いします。

それでは皆様よいお年を!
月末恒例、ツイッターには掲載済みでブログには載せていない今月撮影の昆虫写真特集。

▼ウバタマムシ/2018-12-4/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ウバタマムシ
越冬場所を探す途中なのか、擬木柵の上に陣取っていた。

▼キボシカミキリ/2018-12-7/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
キボシカミキリ
肌寒い師走の朝、朝露を身にまとい、いつものイチジクの木でキボシカミキリは健在だった。

▼ウシカメムシ/2018-12-7/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ウシカメムシ
雑木林の擬木柵の上にいた。バッファローを思わせる姿。

▼ニトベミノガ/2018-12-13/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ニトベミノガ
ヤマモモの葉上で見つけた、高さ7ミリほどの小さなクリスマスツリーのような物体は、ニトベミノガのミノムシ。近づけたカメラに反応してか、ときおりピクリと蓑を動かした。

▼ハラビロカマキリ/2018-12-18/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ハラビロカマキリ
落ち葉の上で息絶えていた。さすがに前の週の冷え込みを生き抜いていたとは思えないが、この場所を前日に通った時には気づかなかった。

今回は図鑑の紹介。先日のいきもにあで購入した蝶と蛾の幼虫の図鑑「イモムシハンドブック」全3巻。



写真を見ているだけでも改めてイモムシの多様な姿形に驚かされる楽しい図鑑だが、実用性も素晴らしい。全3巻でチョウ類181種、ガ類485種の計666種が掲載されており、第3巻の巻頭にその全種の写真がまとめて掲載されているので、ここで絵合わせして目星を付けるのが便利。最終的にビンゴとはいかずとも、形態の類似から近縁種の幼虫をネットで調べたりすることができる(ネット情報は正確性に欠けるかもしれないが)。少なくともこれまで写真を撮っても「蛾の一種の幼虫」としてしか紹介することのできなかった歯がゆい想いが解消されるのは大きく、買って良かった、というかなんで今まで買わなかったと思う図鑑(第1巻発売は2010年)。オススメ。

ところで、記事を書くにあたってAmazonを検索していて、「小学館の図鑑NEO イモムシとケムシ DVDつき: チョウ・ガの幼虫図鑑」というのを見つけた。今年の6月発売で、そういえばツイッターで見かけたような。子供向けのようだが、掲載種数はなんと約1100種!価格と掲載種数だけ考えればハンドブックより断然コスパは良いが、内容はどんな感じなのか。気になる。